観逃した作品は今のうちにチェック! 2015 TSUTAYA 上半期DVDランキング【洋画編】

洋画はタフなヒロインが魅力のアクションが1位!
※集計期間は2015年1月1日〜6月30日まで

1位

『LUCY/ルーシー』
『LUCY/ルーシー』

『LUCY/ルーシー』

超人的な能力が目覚めた女性の闘い

リュック・ベッソン監督とスカーレット・ヨハンソンが初タッグを組んだサスペンスアクション。新種の薬物で脳が覚醒した女性の驚異的なパワーと崇高な決断を描く。進化論を絡め、SF的飛躍を盛り込んだエキセントリックな展開と、ヨハンソンの華麗なアクションが痛快!

Film (C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved. Artwork and Packaging
Design (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

2位

『ベイマックス』
『ベイマックス』

『ベイマックス』

天才少年と心優しいロボットの間に生まれた友情

心に傷を負った少年とケア・ロボットの絆を見つめた心温まるアドベンチャー。自前の発明品でスーパーヒーロー並みの能力を備えた彼らの活躍も見もの。設定やビジュアルに日本的な要素が多く取り入れられている。

(C) 2015 Disney

3位

『マレフィセント』
『マレフィセント』

『マレフィセント』

アンジェリーナ・ジョリー主演のダークファンタジー

オーロラ姫に呪いをかける邪悪な妖精マレフィセントの視点でつづる『眠れる森の美女』のもう一つの物語。マレフィセントの知られざる過去と心理を表現したアンジェリーナ・ジョリーの存在感と、映像美が際立つ。

(C) 2015 Disney

4位

『GODZILLA ゴジラ 2014』

『GODZILLA ゴジラ 2014』

日本の怪獣映画をハリウッドがリメイクした大作。ゴジラの設定と造型、人間のドラマをメインにした構成に、オリジナルの精神が受け継がれている。

5位

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

往年の名作SFの起源を描く新シリーズの第2作。進化したサルと人との対立が本格化する。戦争発生までをじっくりと見据えた客観的な眼差しが印象深い。

6位

7位

8位

9位

10位

11位

12位

13位

14位

15位

16位

17位

18位

19位

20位

21位

22位

23位

24位

25位

26位

27位

28位

29位

30位

(文:橋真奈美)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST