[Alexandros]川上洋平のTSUTAYAで迷ったらコレを観よ!

シグナル

TSUTAYA常連の[Alexandros]川上洋平が新作DVDをご紹介! 今月は、鮮烈なビジュアルで魅せるSFスリラーです。

『シグナル』

『シグナル』

9.4 RENTAL
'14年・米
監督・脚本/ウィリアム・ユーバンク
出演/ブレントン・スウェイツ、ローレンス・フィッシュバーン

ハッキング相手を捜しに訪れた廃墟で意識を失った大学生たち。“何か”に感染した疑いがあるとして政府の施設に監禁された彼らは、衝撃の真実を知る。

⇒作品詳細・レビューはこちら

謎が謎を呼ぶ展開に心が躍る

淡いSF映画。そんな印象を抱きました。青春映画ですね、これは。SFアクションを期待していた方は「え?」と思うかもしれませんが、こういうSF映画は個人的にはアリです。「小難しくなくて、伏線回収とかも淡くほのめかしていて、雰囲気で楽しんでほしい」という監督の意図があるかはわかりませんが、神秘的で美しい描写も含め、とてもセンスが光る作品だと感じました。

序盤は大学生3人の青春描写がメイン。主人公ニック(スウェイツ)とその恋人ヘイリー(オリヴィア・クック)と、親友のジョナ(ボー・ナップ)。3人はヘイリーの引っ越先まで長いドライブ中。ニックは足の病気で将来歩けなくなることが判明しており、「いつか彼女の重荷になるのでは」と恐れ、別れを切り出そうと考えていた。みたいな切ない青春ロードムービーが続くのですが、中盤以降はSFサスペンスモードに突入。ニックとジョナは、パソコンにハッキングしてきた“ノーマッド”のアクセス先を突き止めるが…。その後現れる謎の施設、防護服を着た怪しい職員たち、恋人と親友の安否、そして名優ローレンス・フィッシュバーン。好きな人にはたまらない、謎が謎を呼ぶ展開に心躍ること間違いありません。

ただ、宣伝文句にあるように『クロニクル』とか『第9地区』のような、わかりやすく激しいアクションではなく、もう少し直感を頼りにするような展開が待ち受けています。激しい破壊的なシ—ンもスローモーションで描かれているので、迫力というよりは画力勝負といったところ。それがとても心地いい。そういった淡く美しくも排他的な雰囲気を含めて、この監督の売りがわかった気がします。超個人的にですが、ソフィア・コッポラ監督が浮かびました。SF映画をボンヤリと眺めるように鑑賞したい方や「でも『2001年宇宙の旅』はちょっと疲れるかな〜」って方など、夏の昼下がりにレモネードと一緒にご覧ください。

(C) 2014 Signal Film Group LLC All Rights Reserved

◆PROFILE

[Alexandros]
[Alexandros]

7月にイギリスでライヴでした!

[Alexandros]

'01年結成の4人組ロックバンド。メンバーは川上洋平(Vo &G)、磯部寛之(B&Cho)、白井眞輝(G)、庄村聡泰(Dr)。現在までにシングル10枚、アルバム5枚、映像4作品をリリース。

●今後のスケジュール
WILD BUNCH FEST.2015 ■8月22日 山口きらら博記念公園
MONSTER baSH 2015 ■8月23日 国営讃岐まんのう公園
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 
■8月29日 山梨県 山中湖交流プラザきらら
RUSH BALL 2015 feat. GREENS 25th Anniv.
■8月30日 泉大津フェニックス
BAYCAMP 2015 ■9月5日 東扇島東公園
TREASURE05X -rising force!- ■9月6日 愛知県 蒲郡ラグーナビーチ

●レギュラーTV番組
毎週月曜22:00〜 「Welcome! [Alexandros]」 (SPACE SHOWER TVにて)

[Alexandros] オフィシャルサイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST