玉森裕太初主演映画『レインツリーの国』、主題歌はKis-My-Ft2が歌う、つんく♂描き下ろしのラブバラード

(C)2015「レインツリーの国」製作委員会

(C)2015「レインツリーの国」製作委員会

有川 浩の大ヒット作「図書館戦争」シリーズ第二弾の中に登場する架空の小説を、実際に著者が作品化した、累計88万部を超える「レインツリーの国」が待望の映画化(11月21日公開)。

主演は、Kis-My-Ft2玉森裕太。初主演となる玉森が演じるのは、いつも自分の気持ちをまっすぐに言葉で伝える大阪出身の社会人。そんな彼が、「忘れられない本」をきっかけに、まだ会ったことのない彼女(西内まりや)に恋をする。しかし、彼女は感音性難聴を患っていて…。二人のまっすぐな想いと言葉が紡ぐ、感動のラブストーリーが誕生する。

また、この度、本作の主題歌がKis-My-Ft2が歌う「最後もやっぱり君」」に決定(11月11日リリース予定)。この曲は、映画のためにつんく♂氏が書き下ろした、珠玉のラブソング。また、つんく♂氏がキスマイに楽曲提供するのは初めて。

つんく♂氏は今回の楽曲提供について

「Kis-My-Ft2の皆とお仕事が出来た事、とても光栄に思っています。この曲は映画『レインツリーの国』の主題歌をKis-My-Ft2が歌うということで、男の純粋な愛する思いを曲にしました。僕が曲を作っている時は、家族や友情含めて人間同士の心と心の絆みたいな事も考えながら書きましたが、Kis-My-Ft2のメンバーの情熱と無邪気さと色っぽさがふんだんに盛り込まれた心温まる作品に仕上がり、僕もとても嬉しく思っています。僕が作った時点で思い描いていたラブソングよりずっと力強く、そして、ずっと優しさ溢れる歌になったので、とても驚いています。」

とコメントを寄せている。玉森も「本当に思い入れのある作品なので、完成を楽しみにしていましたが、主題歌という音楽の面からも作品に参加できる事を、嬉しく思います。主題歌を聞いたら作品を思い出してもらえるような、そんなお互いを印象づけられるような楽曲との関係になれたらいいなと思います」とその意気込みを語っている。


映画『レインツリーの国』
11月21日(土)全国ロードショー

<Story>
きっかけは伸が高校時代に好きだった「忘れられない本」。そこから「レインツリーの国」というブログの管理人であるひとみとメールで繋がり、会ったこともない彼女に惹かれていくー。「直接会いたい」という伸。「会えない」というひとみ。頑なに会うことを拒む彼女には、言い出せない「秘密」があった…。

「秘密=感音性難聴」を抱え、自分の殻に閉じこもっていたひとみ。パソコンの中に作ったブログ「レインツリーの国」は、唯一「秘密」を気にせず、活き活きと「言葉」を綴れる場所。そこに伸が現われ、ひとみに変化がおとずれる。

想い合うあまり、恋に傷つき迷う2人。伸とひとみの奇跡の出会いが、本当の〝障害″を乗り越えたとき、現実の世界に2人の「レインツリーの国=ときめきの国」を見つけることができるのかー

出演:玉森裕太(Kis-My-Ft2)、西内まりや、森 カンナ、阿部丈二、山崎樹範/片岡愛之助(特別出演)、矢島健一、麻生祐未、大杉 漣、高畑淳子
原作:有川 浩『レインツリーの国』(新潮文庫刊)
監督:三宅喜重『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』
脚本:渡辺千穂
企画協力:新潮社
製作:『レインツリーの国』製作委員会
配給:ショウゲート

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

有川浩

生年月日1972年6月9日(46歳)
星座ふたご座
出生地高知県

有川浩の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST