いま最も“上手い”役者2人が、とにかく「喋る」―人気コミック『セトウツミ』実写化決定!!

池松壮亮(内海役)と菅田将暉(瀬戸役)

池松壮亮(内海役)と菅田将暉(瀬戸役)

秋田書店「別冊少年チャンピオン」にて連載中の漫画「セトウツミ」の実写映画化が決定し、2016年に劇場公開することになった。主人公の男子高校生2人、瀬戸と内海を演じるのは若手実力派トップクラスの池松壮亮と菅田将暉。監督は『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』の大森立嗣となっている。

「セトウツミ」というタイトルは、この漫画の主人公、男子高校生の瀬戸と内海(うつみ)の名前を組み合わせたもの。クールな塾通いの内海役は、昨年『ぼくたちの家族』でキネマ旬報助演男優賞を受賞し、『紙の月』『海を感じる時』『愛の渦』などでその他の映画賞も総なめにした池松壮亮。天然な元サッカー部の瀬戸役は、『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」や『そこのみにて光輝く』『暗殺教室』など多くの話題作への出演が続く菅田将暉。

これからの日本映画界を背負うと言っても過言ではない二人のダブル主演が実現。ほぼ全編が瀬戸と内海の関西弁による掛け合いという究極の会話劇になっている。

関西の、とある河原。男子高校性2人が放課後にまったりと喋るだけ。ウィットに富んだ台詞、絶妙なユーモアと“間”のセンス。シニカルな「会話」の面白さだけで読者を魅了するという超シンプルな構成であるだけに、確かな演技力が評価されている若手2人の掛け合いが楽しみだ。

撮影に向けて池松は「大森監督のもと、菅田くんと2人でやるという事で、何だか面白そうなことが始まるんじゃないかという気がしています」と菅田との共演を楽しみにしているようだ。一方の菅田は「原作の瀬戸と内海のシニカルなやりとりに嫉妬しました」と原作を読んだ感想をコメントしている。


映画『セトウツミ』
2016年全国公開

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST