前作比131%!『ミッション:インポッシブル』最新作が公開10日で24億円突破

(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

(c) 2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

トム・クルーズ主演最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』。8月15日(土)には単日最高興行収入となる3億円を超え、公開10日間で興行収入24億円を突破した(累計動員は1,887,320人、興行収入は2,462,245,600円)。

これは、最終興収54億円のシリーズ前作『ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル』(2011年12月公開)の10日間の興収対比131%(前作は10日間累計興収、18億7千5百万)。公開初週の3日間比(金土日オープニング対比)でも115%と初週の興収を大きく上回り、興収ランキングも2位をキープ中だ。

海外では週末でさらに4ヵ国で公開され、フランスで7百万ドルを稼ぎランキングNo.1。ブラジル、ポルトガルでは『ミッション:インポッシブル』シリーズ史上No.1を獲得。インターナショナルでは累計62ヵ国で公開、累計興収2億3千530万ドルでインターナショナルの週末興行収入ランキングは、3週連続でNo.1となっている。


映画『ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション』
大ヒット公開中

原題:MISSION:IMPOSSIBLE ROGUE NATION
監督:クリストファー・マッカリー(『アウトロー』監督、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ユージュアル・サスペクツ』脚本)
出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント役)、ジェレミー・レナー(ウィリアム・ブラント役/『ハート・ロッカー』)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン役/『スター・トレック』シリーズ)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト役/『ヘラクレス』)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル役/『MI』シリーズ)、ショーン・ハリス(『プロメテウス』)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンレー役(CIA長官)/『レッド・オクトーバーを追え!』)ほか
日本公開:2015年8月7日(金)、全米公開:2015年7月31日(金)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST