江口洋介、空中シーンを「CGなしで!」と監督に言われピンチ!?

ビッグBの巨大さに圧倒される

ビッグBの巨大さに圧倒される

東野圭吾原作のクライシス・サスペンス超大作、映画『天空の蜂』が9月12日(土)より全国公開となる。公開を前に、完成披露プレミア試写会が実施され、江口洋介や本木雅弘など豪華キャストが出席。歴代、東京国際フォーラムイベントで最大となる34mの実物大・超巨大ヘリ<ビッグB>バナーが総勢12名のゲストと観客4,000人の前に登場。あまりの迫力に歓喜の声が上がる中、江口さんの掛け声と共に観客も一体になって声援を送り、ビッグBに劣らない迫力をみせた。

巨大ヘリ・ビッグBの設計士で、ヘリ墜落を阻止すべく奔走する主人公・湯原役を演じた江口洋介は、会場に集まったこれから作品を鑑賞する観客に向けて「8時間のジェットコースターのような物語を大スクリーンで楽しんでください!」とコメント。また、メガホンを取った映画が今年3本も公開することとなった監督の堤幸彦は、今年の3本のうち最後となる本作がいよいよ来月に公開となることを受けて、「50代最後の作品です。もうすぐで還暦を迎えるのですが、皆さまのお力で良い還暦を迎えられればと…(笑)よろしくお願いします!」と観客に呼びかけた。

またイベントでは秦 基博の歌う映画主題歌「Q & A」にちなんで、出演者に今だから聞ける「Q&A」を行うことに。秦は江口に対し「劇中、空中撮影に挑んだそうですが、高いところは大丈夫ですか?」と質問すると、江口は「正直苦手です(笑)。なので、今までいろんなスポーツに挑戦してたけど、スカイダイビングだけはやったことないです。なのに、撮影に入る前、監督から『このシーンははCGなしで!』って言われて…」と撮影の裏話を告白。堤は「トム・クルーズみたいにね」と笑いながらコメントをしていた。

ついに公開が迫った『天空の蜂』。主演の江口の空中撮影シーンにも注目して観てみたい。


映画『天空の蜂』
9月12日(土) 全国ロードショー

出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、佐藤二朗、石橋蓮司、向井理、國村隼、柄本明
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)
脚本:楠野一郎
音楽:リチャード・プリン
制作:オフィスクレッシェンド
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

江口洋介

生年月日1967年12月31日(50歳)
星座やぎ座
出生地東京都

江口洋介の関連作品一覧

堤幸彦

生年月日1955年11月3日(63歳)
星座さそり座
出生地愛知県

堤幸彦の関連作品一覧

本木雅弘

生年月日1965年12月21日(52歳)
星座いて座
出生地埼玉県

本木雅弘の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST