2015年おすすめ秋映画―注目20代イケメン俳優が共演!の3本

若さあふれる俳優たちのフレッシュ感が作品を彩る! 山﨑賢人、坂口健太郎、柳楽優弥、瀬戸康史、佐藤健、神木隆之介…話題作に出ているイケメンを一挙にチェックしたいなら、この3本!!

『ヒロイン失格』(9月19日公開)

(C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C) 2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

【解説・あらすじ】
幸田もも子原作の人気コミックを映画化し、女優、モデルとして活躍する桐谷美玲が“恋に恋する妄想ヒロイン”をコミカルに演じる本作。主人公・松崎はとりは、思いを寄せる幼馴染の利太にフラれる一方、学校イチのモテ男である弘光に告白され…。“私が好きな人”と“私を好きな人”の間で揺れるヒロインが下す恋の決断は?

【見どころ】
利太を演じるのは朝ドラ「まれ」や「デスノート」のL役で注目を浴びる山崎賢人。今後も『orange-オレンジ-』『四月は君の嘘』『オオカミ少女と黒王子』と主演作が目白押しだ。一方、弘光を演じる坂口健太郎は“塩顔王子”の異名で、現在大ブレイク中。演技力にも定評があり、こちらも出演映画の公開が数多く控えている。

『合葬』(9月26日公開)

© 2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会

【解説・あらすじ】
将軍の警護と江戸の治安のため結成された“彰義隊”の若者たちが、幕府解体に反対し、負け戦に身を投じる姿を描いた本格時代劇。江戸風俗研究家としても活躍した故杉浦日向子さんが日本漫画家協会優秀賞を受賞した同名コミックを映画化。先日、カナダで行われた第39回モントリオール世界映画祭で公式上映され、称賛された。

【見どころ】
強い忠誠心で“彰義隊”を引っ張る極を、近年『許されざる者』『闇金ウシジマくん Part2』といった骨太な作品でめきめきと頭角を現す若手実力派・柳楽優弥が熱演。幼なじみの柾之助役には、大河ドラマ「花燃ゆ」で存在感を発揮する瀬戸康史が起用された。幕末に翻ろうされる二人のリアルな姿は、現代を生きる若者像にも通じる。

『バクマン。』(10月3日公開)

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

(C)2015映画「バクマン。」製作委員会

【解説・あらすじ】
優れた作画の才能を持つ真城最高(サイコー)と、物語を巧みに紡ぐ高木秋人(シュージン)が高校生漫画家コンビとして、日本一の発行部数を誇る「週刊少年ジャンプ」での連載獲得をかけて、ライバルたちとしのぎを削る王道青春ストーリー。原作は「デスノート」の大場つぐみ×小畑健コンビによる累計1500万部突破の人気コミック。

【見どころ】
『るろうに剣心』で壮絶バトルを繰り広げた佐藤健と神木隆之介が、サイコーとシュージンを演じ、「週刊少年ジャンプ」の三大原則である努力・友情・勝利を体現する。キャストが発表された際には「逆じゃない?」の声もあったが、実際には役柄にピッタリ。ライバルの天才漫画家・新妻エイジを演じる染谷将太も絶妙な芝居で魅せる。

(作品紹介・解説文:内田涼)


【関連記事】この秋も目白押し作品が勢揃い! 2015年のおすすめ秋映画16選

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

柳楽優弥

生年月日1990年3月26日(28歳)
星座おひつじ座
出生地東京都東大和市

柳楽優弥の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST