映画『サバイバー』 ピアース・ブロスナンのインタビュー映像&メイキング写真が解禁

 

© 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 

『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ主演、『007』シリーズのピアース・ブロスナンが日本で劇場公開される作品としては初となる“悪役”として出演のノンストップ・アクション映画『サバイバー』が10月17日(土)新宿バルト9他で全国公開を迎えた。

『フィフス・エレメント』でセンセーショナルなデビューを果たし、『バイオハザード』シリーズでハリウッドNO1アクション女優の名を確固たるものにしたミラ・ジョヴォヴィッチ演じる国務省のエリート外交官ケイトは、ただひとりテロの脅威に気づき、100万人の命を救うために奔走する。そのケイトに対峙するテロリストを演じるのは、95年に5代目ジェームズ・ボンドに就任し、低迷していた『007』シリーズの人気に再び火をつけたピアース・ブロスナン。英国紳士のイメージが強いブロスナンが最強・最悪のテロリスト”時計屋”として、日本の銀幕で初披露となる悪役を怪演しているのも見所だ。

 

© 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

アカデミーノミネート経験のあるアンジェラ・バセット、ロバート・フォスターなどの実力派俳優が固め、監督は『推理作家ポー 最期の5日間』『Vフォー・ヴェンデッタ』のジェームズ・マクティーグが務めた。

今回、本作で日本銀幕初お披露目の悪役に挑み、その圧倒的な存在感でミラ・ジョヴォヴィッチの前に立ちはだかるピアース・ブロスナンのインタビュー映像が解禁となった。ピアースは「この作品には約2年かかわってきたんだ」と本作への思い入れを語ると同時に、自身が演じた“時計屋”については「自分が一番で、変幻自在だと思っている」と分析。初タッグとなったマクティーグ監督については「僕はジェームズの大ファンなんだ。物語を語る方法をちゃんと知っている。優れた映画製作者だ」と敬意を表している。

【STORY】
ロンドン、ニューヨーク、史上最悪のテロ計画が動きだす。その計画に気がついたアメリカ大使館の外交官ケイトは伝説のテロリスト・時計屋から狙われロンドン市街の爆破テロのターゲットに。すんでのところで生き延びたケイトだったが、今度は爆破テロの犯人の汚名を着せられ、国家・警察からも追われることに。下された命令は、見つけ次第射殺。迫りくる追っ手をかいくぐり、アメリカ最大の危機にたった一人で立ち向かうノンストップ・アクション!大晦日、NYタイムズスクエア。100万人の命を救うための攻防戦が始まる―。アメリカの未来は彼女1人の手に託された!

 

© 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


映画『サバイバー』

新宿バルト9ほか全国公開中!

■監督:ジェームズ・マクティーグ『Vフォー・ヴェンデッタ』『推理作家ポー 最期の5日間』
■出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ/ピアース・ブロスナン/ディラン・マクダーモット/アンジェラ・バセット/ロバート・フォスター/ジェームズ・ダーシー
■配給:ショウゲート
■提供:クロックワークス、ショウゲート
2015年/アメリカ・イギリス/97分/シネマスコープ/5.1ch/カラー/G/原題:SURVIVOR/字幕翻訳:種市譲二

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST