『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』本予告&ポスタービジュアルが完成

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズ)の原作『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』等)が映画化。タイトルは『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』公開は2016年1月30日。潜在読者100万人以上とも言われる小野不由美の原作としては初の実写映画化、中村監督にとっては、満を持しての原点回帰作となる。

小野自身を彷彿とさせる主人公「私」には、人気実力派女優=竹内結子。「私」とともに調査を重ねる久保さん役には、神秘的な魅力を放つ女優=橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な男性キャストが集結、予定調和を許さない驚愕のラストまで、片時も目が離せない戦慄のリアルミステリーが誕生した。

主演を務める竹内結子と中村義洋監督は、『チーム・バチスタの栄光』(2008)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009)、『ゴールデンスランバー』(2010)、『ポテチ』(2012)に続き5作品目。特に、主演を務めたヒット作、『チーム・バチスタの栄光』『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続き、竹内の主演作としては8年ぶりの再タッグとなっている。共演には、独特な世界観で日本映画界に燦然と輝く若き実力派女優・橋本愛。竹内と初共演を果たし、美し過ぎる2大女優の共演に、中村監督も太鼓判を押している。

今回、本作のポスタービジュアルと予告映像が完成した。過去の事件の断片が散りばめられた中、奇妙な<音>の謎を解く5人の登場人物が耳をふさぎ、意味ありげな表情を見せるポスタービジュアルに、ヒットメイカー中村監督の巧みな演出と個性的な俳優陣が抑揚を抑えた演技で魅せる約1分30秒の予告映像が、静かな恐怖で見る者を包み込んでいく。


映画『「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』
2016年1月30日(土)全国ロードショー

原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

小野不由美

生年月日1960年12月24日(57歳)
星座やぎ座
出生地大分県中津市

小野不由美の関連作品一覧

中村義洋

生年月日1970年8月25日(48歳)
星座おとめ座
出生地茨城県

中村義洋の関連作品一覧

竹内結子

生年月日1980年4月1日(38歳)
星座おひつじ座
出生地埼玉県

竹内結子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST