映画『エベレスト 3D』登山を通じて“愛”を育んだ釈由美子をはじめ 山を愛する人が集結!

バルタザール・コルマウクル監督、釈由美子、角谷道弘氏

バルタザール・コルマウクル監督、釈由美子、角谷道弘氏

11月6日(金)より全国公開となる、映画『エベレスト3D』。ヒマラヤ山脈に位置する世界最高峰、エベレストで繰り広げられた実話を基に映画化された本作。

今回、読売新聞が主催となり今年の4月に起きたネパール大地震で被災された多くの方々へ向け、チャリティー試写会を実施。本チャリティーの寄付金は日本ユニセフ協会を通じ、被災した子供達とその家族に贈られる。

イベントでは本作で東京国際映画祭に合わせ、初来日をしたバルタザール・コルマウクル監督が登壇。また、エベレスト登頂を達成し、世界的にも活躍しているアルピニスト・角谷道弘氏にもご登壇頂き映画の製作秘話や“エベレストの魅力”を語りつくした。

そして、スペシャルゲストとして長年MCを勤めている番組「実践! にっぽん百名山」で自身も“山の魅力”に取りつかれ、プライベートでも日本中で登山を楽しむだけでなく、山に関する知識も豊富な本格派山ガールの女優、釈由美子が登壇!

今月の10日に結婚された旦那さんとは、釈さんの趣味である“登山”を通して愛を育んできたといいう。囲み取材では、「私の父が亡くなって気がふさいでいたときに、山に登ろうと誘ってくれたんです。主人はもともとインドア派でしたが、靴やウェアも全部揃えてくれました! エベレストはちょっと無理かなと思いますが(笑)日本百名山のお気に入りの山をひとつずつ制覇していきたいです」と、結婚後の抱負を語った。


映画『エベレスト3D』
11月6日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

原題:Everest
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST