『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』第28回東京国際映画祭ティーチインでプロデューサー陣が自負!「幽霊でさえ出たがる映画を作った」

(左から)池田史嗣氏、永田芳弘氏

(左から)池田史嗣氏、永田芳弘氏

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズなど)の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化する『残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―』が、松竹配給にて2016年1月30日(土)に全国公開となる。

今回、第28回東京国際映画祭コンペティション部門にノミネートした本作より、10月27日の公式上映終了後にプロデューサーの永田芳弘氏、池田史嗣氏が登壇し、ティーチインを行った。永田氏は「中村監督と初めて本作の打合せをしたのがちょうど2年ほど前、ここ新宿でした。この地で観てもらえることがうれしいです」、池田氏「昨年は『紙の月』、今年は本作でTIFFに参加でき、大変うれしいです」と2人とも感慨深げに挨拶し、観客からの質問にはひやっとするようなエピソードも笑いを交えながら答え、映画のテイストとは真逆に和やかなイベントとなった。

撮影時に心霊現象はあったか、という質問について池田氏は「撮影中も編集中も不可解な現象はあったのですが、基本的には中村監督もスタッフも皆、心霊現象否定派です(笑)。ひとつ編集中に、映っているはずのないものが映っていることに気づきました。タクシーの中のシーンで、一瞬手が映っているんです。そこにはカメラマンしか乗っていないので、もちろんカメラマンはカメラを持っているはずだから、おかしいわけです。まあ我々は幽霊でさえ出たがるくらい、素敵な映画をつくったのだと解釈しています(笑)」と、ポジティプな解釈をみせた。

またキャスティングについて、「竹内結子さんと中村監督は今回で5回目のタッグ、竹内さんから監督への信頼は絶大なんです。中村監督が新作を撮るということで出演OKと即答だったのですが、それが怖い話だとあとで聞いたそうでいつまでも台本を読んでもらえず(笑)。この話、流れるんじゃないかと心配になったほどでした(笑)」と、裏話を公開した。


映画『「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』
2016年1月30日(土)全国ロードショー

原作:小野不由美『残穢』(新潮社刊)第26回山本周五郎賞受賞
監督:中村義洋(『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』)
脚本:鈴木謙一(『ゴールデンスランバー』「悪霊病棟」)
出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中村義洋

生年月日1970年8月25日(48歳)
星座おとめ座
出生地茨城県

中村義洋の関連作品一覧

竹内結子

生年月日1980年4月1日(38歳)
星座おひつじ座
出生地埼玉県

竹内結子の関連作品一覧

橋本愛

生年月日1996年1月12日(22歳)
星座やぎ座
出生地熊本県

橋本愛の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST