『起終点駅 ターミナル』第28回東京国際映画祭クロージングセレモニーに主演・佐藤浩市ら登壇

篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子

篠原哲雄監督、本田翼、佐藤浩市、尾野真千子

ついに第28回東京国際映画祭が閉幕。そのクロージングセレモニーが最終日の10月31日(土)に行われ、クロージング上映作品に選ばれた『起終点駅 ターミナル』から本作の主人公で、かつての恋人の死をきっかけに法では裁かれない罪を抱え、釧路で一人生きる弁護士・完治を演じた日本が誇る名優・佐藤浩市、家族に見放され誰にも頼ることなく生きてきたヒロイン・敦子を演じ、本作で女優として新たな一歩を踏み出した本田翼、さらに、物語のキーとなる完治が過去に愛した女・冴子を演じた尾野真千子、そしてメガホンを執った篠原哲雄監督が登壇した。

今回で6回目の映画祭参加となる佐藤は「日本映画らしい作品を携えて今回参加させていただいた事を大変嬉しく思っています。」と挨拶。さらに「開催するたびにどんどん華やかになっている。その中心に映画があって、映画のために様々な方がここに集まってくださる、こんな嬉しい事はないです」と喜びを語っていた。

本田はこうした催しに参加するのが初めてとあって少し緊張した面持ち。しかし、「私はほぼ佐藤さんとの二人芝居だったのでとても緊張しましたが、佐藤さんの仕事に対する姿勢を間近で感じる事が出来て、充実した日々でした」と大先輩へ感謝の言葉を贈っていた。

さらに尾野は今年7月に結婚してから初めて公の場に立ったという事で、「久しぶりにこんなにフラッシュを浴びたので緊張しています」と語りつつ、「とてもいい作品に出会えた事、その作品でここに立てる事を大変嬉しく思っています」と挨拶。さらに、完治という男性に出会うことで運命が変わる冴子という役どころについて聞かれると、「この映画の通り、人生を変えて頂いたと思います」と、自らの結婚にかけて笑顔で答えていた。

佐藤は自らの役について「25年に起きた悲劇を自分自身で罪として、罰として果ての地に流刑している男です。人が見ていないから許されるのではなく、罪は自分の心の中にあって、人はそれをどうやって抱えていけるんだろうな、という事をずっと考えながら演じさせていただきました」と説明。

最後に監督は「仕掛けの派手な作品がウケる時代ですが、この作品はきめ細やかさを大切にしています。ぜひ皆さんがご自身の人生を振り返るきっかけになればと願っています」とメッセージを贈り、華やかに開催されたセレモニーの最後を締めくくった。


映画『起終点駅 ターミナル』
11月7日(土)全国ロードショー

原作:桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊)
脚本:長谷川康夫
監督:篠原哲雄
出演:佐藤浩市、本田翼、中村獅童、和田正人、音尾琢真、泉谷しげる、尾野真千子
配給:東映

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

篠原哲雄

生年月日1962年2月9日(56歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

篠原哲雄の関連作品一覧

本田翼

生年月日1992年6月27日(26歳)
星座かに座
出生地東京都

本田翼の関連作品一覧

尾野真千子

生年月日1981年11月4日(36歳)
星座さそり座
出生地奈良県

尾野真千子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST