『ブリッジ・オブ・スパイ』プレミアでドイツに降り立ったスピルバーグ&ハンクス、アカデミー賞ついて言及

スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクス

スティーブン・スピルバーグとトム・ハンクス

監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ハンクス、脚本イーサン&ジョエル・コーエン兄弟――ハリウッド史上最高のスタッフ&キャストで描く実話に基づく感動のエンターテイメント大作『ブリッジ・オブ・スパイ』(2016年1月8日に公開)。

10月4日にニューヨーク映画祭でプレミア上映され、満場のスタンディング・オベーションを浴びたこの実話を基にした作品は、「オスカー作品賞と監督賞のノミネート間違いなし」(NY POST)をはじめ、バラエティ誌、ハリウッド・リポーター誌など米有力メディアのオスカー予想にも作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞など各部門でノミネート確実と言われている本年度アカデミー賞の本命作品。

現地時間の11月13日(金)、物語の舞台となったベルリンの地でインターナショナルプレミアが行われ、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、共演のエイミー・ライアン、セバスチャン・コッホらが出席。会場となったウーファ・パラスト・アム・ツオーは、1919年に開業された歴史ある映画館で、ドイツNo.2となる2165名の収容能力を誇る。約1,500名の観客がレッド・カーペットを取り囲み、会場からはスティーブンコールが延々と続いた。

アカデミー賞有力との声が世界から上がっていることについて、スピルバーグは「アカデミー賞は同業者に認められるという映画界一の栄誉。今は1年のうちで最もエキサイティングな時でもあり、またナーバスな時。授賞式の会場にいて、選考対象になるというだけで名誉なこと。今回も受賞をあてにしているわけではない」と話すと、トム・ハンクスも「自信はまったくないね。一か八かの賭けのようなものさ」と続いた。

拍手喝采、スタンディングオベーションが起こり、大盛り上がりの中、本プレミアは終了した。


映画『ブリッジ・オブ・スパイ』
2016年1月8日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー

監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:イーサン・コーエン&ジョエル・コーエン兄弟、マット・チャーマン
主演:トム・ハンクス、マーク・ライランス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST