映画 『シーズンズ 2万年の地球旅行』 笑福亭鶴瓶&木村文乃のアフレコでの苦労は「大阪弁OK、動物NG?」

(C)2015 Galatée Films - Pathé Production - France 2 Cinéma - Pandora Film - Invest Image 3 - Rhône-Alpes Cinéma - Winds - Pierre et Vacances

(C)2015 Galatée Films - Pathé Production - France 2 Cinéma - Pandora Film - Invest Image 3 - Rhône-Alpes Cinéma - Winds - Pierre et Vacances

日本でも大ヒットを記録した『オーシャンズ』(09)のジャック・ペラン×ジャック・クルーゾ監督コンビが、新たなるネイチャードキュメンタリーの扉を開く映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』が、2016年1月15日(金)より全国公開を迎える。去る11月12日、笑福亭鶴瓶と木村文乃が本作のアフレコに挑戦し、その感想を語った。

鶴瓶は集まった記者たちに「たくさんお集まりいただきありがとうございます。本当に苦労しましたね。これからアフレコすることにちょっと…ドキドキしている。こんなことないです。台本いつも真っ白やのに、ぐちゃぐちゃですもん」と関西弁で冗談交じりに挨拶。

一方の木村は「この仕事をやると決めてから、(ナレーションは)憧れていた仕事ではあったんですけど、素敵で大きいチャンスをいただいて、自分なりにいっぱい準備をしてきたんですけど、まさかの標準語圏で育ったのにイントネーションに苦労するという」と意外にもイントネーションに悩まされたことを明かすと、鶴瓶も「ホンマに!? 一緒や!」と声を上げ、本作の監修をした新宅(しんたく)先生に動物のイントネーションをしつこく注意されたことを根に持っていたのか、「あの新宅いう監修の人が、大阪弁でもええと言ったにもかかわらず、動物はダメと言われた(笑)」と明かし、会場を沸かせた。

(C)2015 Galatée Films - Pathé Production - France 2 Cinéma - Pandora Film - Invest Image 3 - Rhône-Alpes Cinéma - Winds - Pierre et Vacances

(C)2015 Galatée Films - Pathé Production - France 2 Cinéma - Pandora Film - Invest Image 3 - Rhône-Alpes Cinéma - Winds - Pierre et Vacances

緊張感が走る中、まずは木村からアフレコに挑戦。映画冒頭、氷河期の終わりを迎えるシーンに臨んだ。木村の低く落ち着いた声のナレーションには、記者たちも思わず映画の世界に引き込まれるほど。不安だと語っていたイントネーションも、演出監督から「完璧!」と絶賛の声が上がった。

続いては、オオカミがイノシシを追うシーンと子グマたちがじゃれ合うシーンのアフレコへ鶴瓶が挑戦。狩りのシーンのため、緊迫した感じでとオーダーされ、一言一言を丁寧に読み上げる鶴瓶。するとここで、読み上げのタイミングを知らせるキューランプが点灯しないトラブルが発生。これには鶴瓶も「ページめくった時にキューが出たんかと思った。ちょっと新宅、お前やろ!」とオオカミさながらに噛みつき、マスコミの笑いを誘った。

気を取り直して臨み、演出監督からOKが出ると、新宅先生より「今までで一番良かったです!」と賞賛の言葉が出るも「やかましいわ!」と子グマたちにも負けないじゃれ合いを見せて会場は爆笑。最後に行われた、木村による秋の訪れのシーンのアフレコも、初ナレーションとは思えないほどの見事なナレーションとなり、無事にアフレコ収録は終了した。

日本語版ナレーションのオファーが来た時に鶴瓶は、「大阪弁でいいの?ならやろうかなと。でも(収録時には)6時間くらい演出監督とケンカしてましたからね(笑)。途中からイヌ、イノシシ…イントネーションがどっちかわからんくなる。向こうは仕事だから言っているけど、いじめられているみたいで」と動物のイントネーションに苦戦したことを赤裸々に語った。

以前からドキュメンタリー作品のナレーションを熱望していたという木村は、意外にも本作のナレーションのオファーを聞いた時は「あら、本当ですか?」とポカンとしたそう。しかし映像を見ると、「こりゃただ事じゃないなと、たくさん準備しました」と振り返り、鶴瓶が苦戦したイントネーションについても、「標準語は逆に意識したことなくって」と苦労した事を明かした。

本作の見所を聞かれた鶴瓶は、2頭の馬が威嚇し合うポスターを指さし、「こんなとこ、見れます!?動物も卵から育てるから人間の言うこと聞くねん。刷り込みというんですか?すごいですよね~!」と感心。木村は「ちょこちょこ虫が出てくるんですけど、すごく好きなシーンがあって。麦の穂に虫がプーンと飛んできて、はじかれてしまうんですね。嫌いな虫でもかわいいと思えてしまう。そうゆうシーンを撮る、監督がすごく愛に溢れているなと」と頬を緩ませた。

最後に鶴瓶は、自身のナレーションが入った本作を「2歳くらいの子どもも観れる。大人も60超えても楽しめる。通訳なんか関係ないからね、動物ですからね。年齢関係なく観てもらいたいなと思います」とアピール。木村も「動物に対して固定概念がない、若い方に観ていただきたい。動物が“可愛がって”としている姿だけでなく、自然の姿が愛おしいんだなと。狩りをするシーンもそこだけ切り取ってしまえば、目をそむけてしまう方もいるかもしれないけど、その後にある親子の絆や、狩りがどう必要かを鶴瓶師匠の優しいナレーションがあったり、最後に希望があるお話なので、すごく前向きに受け入れられるあったかい作品」と本作の魅力を語り、イベントは幕を閉じた。


映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』

2016年1月15日(金)、TOHOシネマズ 日劇他 全国拡大ロードショー

監督:ジャック・ペラン『オーシャンズ』、ジャック・クルーゾ『オーシャンズ』
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

笑福亭鶴瓶

生年月日1951年12月23日(66歳)
星座やぎ座
出生地大阪府

笑福亭鶴瓶の関連作品一覧

木村文乃

生年月日1987年10月19日(30歳)
星座てんびん座
出生地東京都

木村文乃の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST