内村光良の最新映画『金メダル男』ヒロインは木村多江!

(C)「金メダル男」製作委員会

(C)「金メダル男」製作委員会

2016年秋に全国公開を迎える、内村光良が原作・脚本・監督・主演を務める最新作『金メダル男』。内村光良と知念侑李(Hey! Say! JUMP)のW主演は既に発表されていたが、本作のヒロインを演じる木村多江の出演も決定した。

木村が演じるのは、大人になった主人公の泉一と、二人三脚で世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す亀谷頼子だ。内村監督が演じる主人公の泉一と、木村が演じる頼子が繰り広げる息ぴったりのコミカルなやりとりは、本作の見所の一つになっているという。今回、木村と内村監督から、本作に対する思いを語ったコメントが到着した。

木村多江コメント

出演のオファーがあった時、やったことのないことばかりで、できるか不安になりましたが、コメディーをずっとやりたかったので、新たに挑戦してみたいと思いました。私が演じる亀谷頼子は元アイドルだが売れず、今は過去を隠し、殻をかぶって、自分を出さずに生きています。でも、泉一と一緒にチャレンジしていくことで、自分自身を守ることをやめ、殻をうちやぶって成長していきます。一生懸命だが、ちょっと変わっている女性です。

現場での内村監督は面白さを追求し、色々なパターンを発想し撮影していくところがすごいんです。どれが使われるかわからないので気が抜けない、意外と緊張感のある現場でした。エンターテイメントの映画なので、とにかく楽しんでいただきたいです。私の新しいキャラも楽しんでいただけたら何よりです。

内村光良監督コメント

頼子は誰がいいかとなったときに浮かんだのが多江さんでした。(木村さんとは)何度か共演しましたが、物凄く芝居が跳ね返ってくる人だなという印象がありました。彼女ならこの頼子という役を面白がって演じてくれるんじゃないかなと期待して出演のオファーをしました。

具体的には、儚いとか、綺麗さよりも、可愛さとかチャーミングさを出せたらいいと思ってます。あと、おっとりしているようで、意外にシャキシャキして、ちょっと男っぽいところもある(笑)。そういう所も出していきたいです。とにかく、”頼子面白い”、”頼子で笑った”と映画を観た人に行ってもらえるような演出を心がけています。そんな木村多江さんを見せられたらいいなと。タイトルらしくゴールデンコンビを目指しています(笑)。

<物語>

日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれる。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。


映画『金メダル男』

2016年秋、全国ロードショー

原作・脚本・監督:内村光良

出演:内村光良、知念侑李(Hey! Say! JUMP)/木村多江

配給:ショウゲート

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

内村光良

生年月日1964年7月22日(54歳)
星座かに座
出生地熊本県

内村光良の関連作品一覧

知念侑李

生年月日1993年11月30日(24歳)
星座いて座
出生地静岡県浜松市

知念侑李の関連作品一覧

木村多江

生年月日1971年3月16日(47歳)
星座うお座
出生地東京都

木村多江の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST