映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』に原作の超重要キャラ総出演!

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

1996年1月からTVアニメがスタートし、1997年4月には劇場版が初公開を果たした『名探偵コナン』シリーズが、来年2016年でいよいよ20周年に突入する。

今年4月公開の劇場版第19弾『名探偵コナン 業火の向日葵』では興行収入44.7億円という、シリーズ最新作にして最高の興行収入を叩き出し、3作品連続で興行収入を更新するという驚異の成績を樹立。今や『名探偵コナン』劇場版シリーズは、国民的映画として不動の地位を築き上げた。

今回、同シリーズの記念すべき20作目となる劇場版最新作のタイトルが『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』に決定。併せて解禁された原作者・青山剛昌先生描き下ろしのティザービジュアルには、FBI捜査官・赤井秀一、公安警察・安室透、そしてコナンの体を小さくさせた張本人である黒ずくめの組織構成員・ジンの姿が描かれている。黒ずくめの組織、FBI、公安、そしてコナン、この4つ巴の頂上決戦の末に待つ真実とは―。

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

先日公開された「黒ムービー」では、左右で虹彩色が異なる、通称“オッドアイ”と呼ばれる目元のアップが一瞬映し出され、視聴者の間で物議を醸していた。今回発表されたストーリーラインでは、その瞳の持ち主が記憶喪失状態で発見された謎の女性であることが明らかにされたが、彼女の記憶が戻るよう手助けするコナンたちの傍らには、影で監視を続けるベルモットの姿が。一体、物語のキーパーソンとなるであろうこの女性の正体は…?

【ストーリー】

ある漆黒の夜、日本警察にスパイが侵入。イギリスの「MI6」、ドイツの「BDN」、アメリカの「CIA」など各国の諜報機関、さらにはFBIの機密データを持ち出そうとするが、間一髪のところで安室透率いる公安が駆け付ける。スパイは車を奪って逃走。高速道路で安室とのデッドヒートを繰り広げ、他の車をも巻き込む大惨事になろうとしたその瞬間、スパイの車はFBI赤井秀一のライフル弾に撃ち抜かれ、道路の遙か下へ転落していった―。

翌日、コナンたちは東都水族館へ遊びにきていた。リニューアルしたばかりで大盛況の水族館。その目玉となる巨大観覧車の下で、コナンはケガをして独りたたずむ容姿端麗な女性を発見する。見ると、左右の瞳の虹彩色が異なる“オッドアイ”だった。しかし、女性は自分の名前もわからないほどの記憶喪失状態で、所持していた携帯電話は壊れてしまっている。その記憶が戻るよう手助けをすることを約束したコナンたちは、そのまま一緒に過ごすことに―。

一部始終を陰で監視していたベルモットは、その場を後にしながらサイレンサーを取り出し、装着していたインカムに言い放った。「そのつもりよ、ジン。」と。


映画『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』
2016年4月16日(土)全国東宝系にて公開

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST