映画『インサイド・ヘッド』の感情たちが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と夢のコラボ!

 

 

この夏、興行収入40億円突破の大ヒットを記録したディズニー/ピクサーの待望の最新作『インサイド・ヘッド』のMovieNEXが、11月18日(水)より発売中だ。また、ブルーレイ&DVDレンタルも大好評で、さらにはデジタル配信でも人気を博している。『インサイド・ヘッド』は、11才の普通の女の子、ライリーの頭の中に存在する“5つの感情たち”― ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、そしてカナシミが繰り広げる、誰も見たことが無いユニークでカラフルな感動と冒険のファンタジー。『トイ・ストーリー』から常に世界中を魅了し続けてきたディズニー/ピクサー長編アニメーションの20周年に相応しく、あらゆる世代が楽しめる作品だ。

 

 

今回、『インサイド・ヘッド』と映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がコラボレーションした特別映像が解禁された。以前にも『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』とのコラボ映像が話題騒然となったが、今回は『インサイド・ヘッド』の感情たちが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編に対して、ユーモアいっぱいのリアクションを見せている。ヒロインのレイや、ストームトルーパーの脱走兵・フィンなどが登場し、ついに謎に包まれた悪役、カイロ・レンがダース・ベイダーのマスクを持ちあげるシーンでは、思わず逃げ出す“ビビリ”に“イカリ”がパンチをお見舞い。『スター・ウォーズ』のシリアスな世界観に、ピクサーならではのユーモアが何度も何度も織り交ぜられている。

さらに、迫力満点の飛行シーンや戦闘シーンに、“ヨロコビ”が「すてきな映像ね」とほめると“イカリ”が「かっこいいな」としびれ、“ムカムカ”が「当たり前でしょ」とドヤ顔をして盛り上がる。そんな中、“カナシミ”は相変わらずテンションが低く「刺激が強すぎるわ」とポツリ。最後に12月18日という公開日が表示されると、“カナシミ”と”イカリ”はそれぞれ…。

史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」の最新作にして、その新たなる3部作の一作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。12月18日(金)の公開を目前に控えた先日には、世界遺産の京都・清水寺で風神レイ&雷神カイロ・レン屏風などがお披露目された。また、12月10日(木)には、J.J.エイブラムス監督はじめ豪華キャストが来日し、ジャパンプレミア<スペシャル映像上映会>を開催する予定だ。

ディズニー/ピクサー長編アニメーション誕生20周年を記念して贈る感動作、『インサイド・ヘッド』 MovieNEX (4,000円+税)は好評発売中&デジタル配信中。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日(金)18:30分に全国一斉公開。

>『インサイド・ヘッド』の記事をもっと読む

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST