映画『猫なんかよんでもこない。』、プランタン銀座の「ねこ展」でスペシャルコラボイベント開催! つるの剛士と山本透監督のスペシャルトーク

山本透監督&つるの剛士

山本透監督&つるの剛士

実話を基にした、猫好きの、猫好きによる、猫好きのための大人気コミック「猫なんかよんでもこない。」(実業之日本社刊・杉作著)が実写映画化され、2016年1月30日(土)より全国公開となる。

映画の公開を記念し、プランタン銀座で48回目となる大人気の展示会「プランタン銀座のねこ展 ねこ・猫・ネコ アート&グッズフェア」と本作が、スペシャルコラボレーション! 今回、主人公のミツオの兄貴役で、ストーリーの発端となる猫2匹を拾ってきた漫画家を演じたつるの剛士と、本作のメガホンを執った山本透監督を迎えたスペシャルトークイベントが開催された。

つるのは「(お客さんとの)距離が近い! 借りてきた『猫』みたいな気持ちです! 僕は呼んだらすぐ来ます!」と挨拶し、早速会場を沸かせた。

猫との撮影について聞かれると監督は「人間と違って言うことは聞かないし、大変でした…気分屋だから呼んでも来る時と来ない時があるし…」と苦労話をポツリ。つるのも「猫はツンデレだからね!」と同意しつつ、「よくあんな表情が撮れるなと驚きました!監督が頑張ったんです。」と、劇中に登場する猫たちの愛らしさを絶賛。

自身のキャスティングに話が及ぶと「なんか猫好きだからって聞いたんですが…」と監督に質問。監督が「猫いっぱい飼っているらしい…って聞いたから(笑)でも本当につるのさんにやって欲しかったんですよ!」と説明すると、「この役は猫好きじゃないと出来なかったと思う!猫と子供はまかせて!」と、父親としてのコメントも。自身の子供たちが幼かった頃には飼い猫の夢子がよくちょっかいを出されていたようで「あいつには苦労かけました…」と愛猫をねぎらう場面も。

この日はつるのが体験した猫とのエピソードをイラストにする企画も実施。

なにやら人間じみた猫の絵を披露したつるのは「前に飼ってた猫の絵なんですけど、僕が外出から帰った時にベッドの上でその子がくつろいでて、しかも消したはずの扇風機と電気がついてたんですよ…! この話をしてもみんなに嘘だと思われるんだけど、嘘じゃないから!」と、仰天エピソードを明かして会場の笑いを誘う。

さらに、来場者にグッズをプレゼントするコーナーになると、事前に用意されていたグッズの他に、イベント参加のために朝7時から待っていたという来場客に急遽先ほどのイラストをプレゼントする優しさを見せていた。

最後に2人は「アットホームでハートウォーミングな作品です。猫も可愛いし、僕の久々の俳優業でもあります(笑)。ぜひ映画館へ観に来てください」(つるの)、「映画は観てもらわないと完成しないので、ぜひいろんな方を誘って観に行ってください」(監督)とコメント。終始、猫に笑い、猫に驚く猫づくしのイベントを笑顔で終えた。


映画『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月全国公開

監督・脚本:山本透、共同脚本:林民夫
出演:風間俊介、つるの剛士、松岡茉優

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

つるの剛士

生年月日1975年5月26日(43歳)
星座ふたご座
出生地福岡県北九州市

つるの剛士の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST