松山ケンイチ主演映画『天の茶助』監督・SABUインタビュー

松山ケンイチが“天使”役を演じ、話題を呼んだファンタジー映画『天の茶助』がDVDで登場。監督・原作・脚本を担当したSABUが作品誕生秘話を明かす。

SABU

人生のシナリオ的な面白さを描きたかった

音楽家を目指していた自分が偶然俳優になり、いつしか映画を撮らせてもらうようになっていて、人生は自分ではない誰かに導かれているのではと感じることがありました。出会いや縁が自分の世界を変えていくというのがシナリオ的で面白い。そうした感覚をカタチにできればと考えていたところ、小説のお話をいただいたのがこの作品の始まりです。

松山君は『うさぎドロップ』に続いて出演してもらいましたが、今回は人間に恋をする天使の役をお願いしました。普段とはまったく違う役に挑戦することで撮影を楽しんでもらいたいですし、監督としても役者さんの新たな一面を発見できるのはやっぱり面白いですね。寺島進さんのヤクザ役だけはいつもどおりですが(笑)。

松山君が舞台の沖縄をとにかく走り回り、コメディかと思えばラブストーリーになったりと、エンターテインメント性の強い作品になっています。物語もテンポよく進むので、楽しんで観てもらえると思います。

◆PROFILE

SABU/'64年和歌山県生まれ。俳優として活動したのち、'96年に『弾丸ランナー』で長編監督デビュー。初監督作ながら国内外で高く評価される。近年の監督作に『蟹工船』('09)、『うさぎドロップ』('11)、『Miss ZOMBIE』('13)などがある。

『天の茶助』

『天の茶助』

2016.1.8 RENTAL & ON SALE
'15年・日
監督・原作・脚本/SABU
出演/松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、オラキオ、今野浩喜、玉城ティナ、寺島進
【セル】3,800円(税抜)、5,000円(税抜/ブルーレイ)

(C)2015『天の茶助』製作委員会

⇒作品詳細・レビューを見る

(取材・文:相田冬二/撮影:江藤海彦)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

SABU

生年月日1964年11月18日(54歳)
星座いて座
出生地和歌山県

SABUの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST