雪の日に観たい! 見ると気持ちが温かくなる、雪が印象的な映画5選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

そろそろ冬本番。今年は暖冬のようですが、冬といえばやっぱり雪景色を楽しみたいもの。 初雪より一足先に、見ると気持ちが温かくなる、印象的な雪のシーンがある作品をまとめました。

冬になると見たくなる映画

  シザー・ハンズ

シザー・ハンズ

好評レンタル&発売中

エドワードは発明によって生み出された両手がハサミの人造人間。孤独に屋敷で暮らしていたが、ある日化粧品販売員のペグと出会い、彼女の家で暮らすことになる…ティム・バートン監督の描くラブ・ファンタジー。

【雪が印象的なPoint】
今から24年前に作られたとは思えない、今でも新鮮な輝きを放つ切ないラブ・ストーリー。

丘の上の屋敷では孤独だったエドワードが、町では植栽やワンちゃんのトリミング、奥さま達のヘアカットに大活躍。人が孤独から脱け出すには、自分を信じてくれる人や、その人のために頑張りたいと思える愛する人の存在が必要というメッセージが、コミカルタッチの中からじわじわと伝わってくる美しい物語です。

かつて孤独な少年時代を過ごしたティム・バートンの悲しみから生まれたこの物語では、終盤、雪が愛を伝える非常に重要な意味を果たしています。ネタバレになるためここでは書けませんので、ぜひ、あなたの眼で確かめて下さい!

⇒作品紹介・レビューを見る

雪ふる田舎町の人々にほっこり

  ラースと、その彼女

ラースと、その彼女

好評レンタル&発売中

町の人たちからMr.サンシャインと呼ばれ慕われている心優しい青年、ラース。しかし極端にシャイで、女性とうまく話すことが出来ない。そんなラースに彼女ができたが、それは何と等身大のリアルドールだった…。

【雪が印象的なPoint】
ラースは小さな田舎町で一人暮らし。近くに住む兄夫婦はシャイで彼女がいないラースをいつも心配しています。そんな時、ラースが彼女を紹介しに来ますが、それは何と“リアルドール”…!呆気に取られる兄、心配して医者に診せようとする義姉など家族はてんやわんや。町の人々も対応を迫られますが、「ラースのことが好きだから」、と全員がリアルドールのビアンカを"人間の彼女”として扱うことに。

舞台は寒そうな田舎町ですが、町の人は心が本当に優しく、相手のことを大切に考えているのが伝わってきて、見るだけで気持ちがほっこり。“リアルドール”にはちょっとドキッとしますが、寒い冬にオススメの作品です。

⇒作品紹介・レビューを見る

変わりゆく毎日の素晴らしさ

  恋はデジャ・ヴ

恋はデジャ・ヴ

好評レンタル&発売中

天気予報士フィルはある町を訪れるが吹雪で足止めを喰ってしまう。その翌朝フィルが目覚めると昨日と同じ一日が始まり、何とその翌日も…。フィルは永遠に繰り返される毎日から脱け出すことができるのか!?

【雪が印象的なPoint】
タイムループ映画の原点にして名作。タイムループものと言えば、主人公がカッコ良く時空を飛び越えたり、己の運命に苦悩したりしますが、本作の主人公フィルはあくまでも飄々として自己中心的。毎日が繰り返されることをいいことに、イタズラをしたりとやりたい放題。でも、ある女性に真剣に恋したことにより、彼は変わっていきます。

同じ一日を過ごすということは、何でも上手くいかせられそうですが、そんな彼にも手に負えないのが恋。彼が何度も思いを伝えようとする重要なシーンで雪が出てきます。何度も作る雪だるまや、同じ子供たちとする雪合戦…見るたびにクスッと笑え、かつ、実は深く考えさせられる作品です。

⇒作品紹介・レビューを見る

見知らぬ土地で見つける新しい出会い

  ホリデイ

ホリデイ

好評レンタル&発売中

LAとロンドンで暮らす2人の女性が、クリスマス休暇にお互いの家を交換する“ホーム・エクスチェンジ”によって運命の恋と出逢うさまを描いたラブ・コメディ。監督は「マイ・インターン」のナンシー・マイヤーズ。

【雪が印象的なPoint】
ロンドンの新聞社に勤めるアイリスと、LAのアマンダは恋人がらみで傷心中。そんな彼女たちがお互いの家を交換したら果たしてどうなる…?

アイリスは素敵な隣人たちとLAの日差しを浴びて人生を謳歌。アマンダは雪に包まれたロンドン郊外で新しい愛を見つけて変わっていきます。女性なら“ホーム・エクスチェンジ”も含め、彼女たちが人生を変えていく様に憧れ、元気をもらえること間違いなし!

『恋愛適齢期』『マイ・インターン』のナンシー・マイヤー監督自身が手がける脚本は、ウィットに富みながら女性ならではの視点も沢山。見終わったら彼女たちのように、“人生を変える場所”に出向きたくなる、そんな映画です!

⇒作品紹介・レビューを見る

新しい冬の風物詩

  アナと雪の女王

アナと雪の女王

好評レンタル&発売中

アンデルセンの『雪の女王』をモチーフとし、アカデミー賞でも長編アニメーション賞と主題歌賞を獲得した空前の大ヒット作。雪の女王となった姉エルサと、彼女を救うために冒険の旅に出た妹アナの運命を描く。

【 雪が印象的な Point】
前にご紹介した作品では一部のシーンで“雪”が使われていましたが、この作品に関してはタイトルどおり、全編が”雪と氷”!見ているだけで雪の世界にいる気分になれます。

冬のように高貴な姉・エルサと、夏のように明るく溌剌とした妹・アナ。彼女たちは、それぞれの生き方を模索しながら、相手を思いやる気持ちに目覚める姉妹として非常にチャーミングに描かれています。そして、何よりも心震えるのは、吹替えを担当する松たか子さんと神田沙也加さんの歌声!聞いているだけで自然と涙がこぼれてきます。本家のイディナ・メンゼルさんの歌声もまた違うエルサ像を体現しているので、日本語版・英語版の両方を楽しむのがおススメです!

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:かしこ

90年代のミニシアターブームから映画にはまり、気づいたら幾星霜。単館系、文芸系、ドキュメンタリー映画をよく見ます。
最近は海外の映画祭にボランティアで参加したいと思いたち、もっぱら英語を勉強中。(でも道のりは遠い…)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST