「自分がどこまでやれるのかチャレンジしたかった」―映画『森のカフェ』若井久美子インタビュー

(C)2015 bijoux.

(C)2015 bijoux.

12月12日より公開中の映画『森のカフェ』は、哲学という難しいテーマにロマンチック・コメディの要素も込めて描かれ、観終わった後にゆっくりコーヒーを飲みながら人生について考えたくなるような映画。本作でヒロインの森野洋子を演じた若井久美子に、特別インタビューを敢行。東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』で2期連続ヒロインのコゼット役を演じるなど、ミュージカル女優として活躍してきた彼女に、映像作品へのチャレンジの背景と秘話だけでなく、プライベートにも突っ込んで話を伺いました!

――ミュージカル女優から、映画作品にチャレンジしたきっかけは?

数千人規模の劇場で「遠くのお客様に伝える芝居」を求められるミュージカル舞台の世界を経験した今だからこそ、自分の細やかな表情やしぐさ、ほんの小さな動きまで大きなスクリーンで映しだされる映画という世界で、自分がどこまでやれるのかチャレンジしたかったんです。

――映画「森のカフェ」に出演することになったのは?

まだ映画の脚本も出来上がっていない去年の夏、初めて監督に出会いました。最初は「森を題材にした映画を撮りたい」「歌が歌える女優がいい」ということしか決まっていない状態でした。細かいキャラクターの設定より先に出演者から決まっていき、役者に合わせて一緒に映画の世界を作り上げていくという形でした。私が演じる森野洋子の性格や脚本は、まさに私自身の性格を反映しているのかも。

(c)Norio ENOMOTO

(c)Norio ENOMOTO

――撮影スタッフの募集の仕方もユニークだったとか?

はい、美術担当の方はtwitterで監督のスタッフ募集のツイートを発見してtwitterで連絡を取り、無事に採用されたそうです。劇中で洋子がつかっているギターも、実はその美術さんの私物だったりするんですよ。 twitterがきっかけになるというのは、今っぽくて面白いですね。

――森野洋子役を演じて、印象的だったシーン は?

ずばり、変顔です(笑)。「哲学」そのものを扱うという、ともすると堅苦しい映画になってしまうところを、不思議な森の妖精としての演技で中和しロマンチック・コメディに近づけられるようコメディ感を意識しました。初めは現場で困っていたのですが、脚本に対しての演技イメージが強い監督が「君がこういう面白い表情をしたり、表情を色々変えることで作品自体が締まって、良いものになるから、僕を信じて変な顔をしてくれ」と言ってくださった後は、思いっきり変顔を演じることができました。

――若井さんが大切にしている人生”哲学”は?

若井さん:私が演じる洋子と重なるところがあるのですが、「自分自身が直接見たこと、感じたことを信じる」ということでしょうか。若いころは周りの意見や雰囲気に影響されてることが多々ありましたが、最近は、それを見て、何を感じたのか、を通じて自分自身を信じるということを大切にしています。例えば、ニューヨークってどんなところなんだろう~?って思ったら、ガイドブックを見て満足するのではなくて、実際に現地に行って、見て、食べて、感じて自分の力にする!という感じでしょうか。審美眼を身に着けたいなと思います。

(C)2015 bijoux.

(C)2015 bijoux.

――今後の活動について教えて下さい

これからも歌は歌い続けていきます。 ミュージカル女優としてさらなる高みを目指しつつ、最近は自分の言葉でお客さんに言葉を伝えていきたい気持ちも強いので、オリジナルソングの制作やコンサートも行っています。映像のお仕事も楽しくて、いろんな役にチャレンジしていきたいと思っています。

――よく利用するスマホアプリはありますか?

Instagramとtwitterで友達やファンの皆さんと交流。自撮りはもっぱら写真アプリB612。最近ハンドメイドの制作にはまっていて、minneをよく見ています。ファッションはスマオクをよく使っていて、映画の公開に合わせてチャリティーオークションを共同開催しているんですよ。

(取材・写真:bijoux編集部)


映画「森のカフェ」
12月12日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開中

監督・脚本:榎本憲男
出演:管勇毅、若井久美子、橋本一郎、伊波麻央ほか
配給:ドゥールー
2015年/日本/76分

映画『森のカフェ』公開記念、若井久美子さんによるチャリティーオークション開催中(12月22日まで)

(C)2015 bijoux.

(C)2015 bijoux.

ブランドオークション「スマオク」にて映画『森のカフェ』公開記念として、チャリティーオークションを開催中(12月22日まで)。若井久美子さんの私物と自身によるハンドメイドアクセサリーが出品されています。
※収益は全額、森のライフスタイル研究所に寄付され、日本の森林再生をめざした活動に活かされます。

チャリティーオークションはこちら

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

志賀廣太郎

生年月日1948年8月31日(70歳)
星座おとめ座
出生地東京都

志賀廣太郎の関連作品一覧

東亜優

生年月日1990年9月21日(28歳)
星座おとめ座
出生地和歌山県橋本市

東亜優の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST