『スター・ウォーズ』最新作をきっかけに、これも見て!! の洋画5選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

12月18日公開の『スター・ウォーズ』最新作。この機会に、この映画も見ておいて! というのを、SHIBUYA TSUTAYAの元映像責任者が独断と偏見で勝手にリコメンド。

いったい何が起こっているのか???

クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA

好評レンタル&発売中

ニューヨークに突如訪れた未曾有の大惨事を、渦中に放り込まれたゆえに全体像を掴めず、理由も分からぬままただ逃げまどうことを余儀なくされる一般市民の視点のみで追う斬新なスタイルで描き出していく。

【見てほしいPoint】
スターウォーズ最新作の監督、J.J.エイブラムスの監督作品。一時期流行った『ブレアウィッチプロジェクト』のような、一人称視点パニック作品です。個人撮影のハンディカメラの設定を上手く使った良作です。

⇒作品紹介・レビューを見る

エイリアン VS 不良キッズ!?

アタック・ザ・ブロック

アタック・ザ・ブロック

好評レンタル&発売中

筋金入りの少年ギャングが、突然現れた凶暴なエイリアンと壮絶な死闘を繰り広げるさまをユーモアと残酷描写を織り交ぜたスリリングな作品

【見てほしいPoint】
こちらもスターウォーズ最新作の新キャラクター「フィン」役の、ジョン・ボイエガの主演作。ヤンチャな不良たちが懸命にエイリアンを撃退する姿は涙を誘うかも(笑い泣き?)。レンタルできるのはTSUTAYAだけ!

⇒作品紹介・レビューを見る

手作り感あふれるSF大作

宇宙空母ギャラクティカ

宇宙空母ギャラクティカ

好評レンタル&発売中

機械人間の猛攻にすべての植民惑星を失った人類は、唯一生き延びた宇宙空母ギャラクティカを旗艦として航海に旅立つ。目的地は彼らの故郷、伝説の惑星“地球”。しかし人類抹殺を企む追跡はすでに始まっていた…。

【 見てほしい Point】
スターウォーズと同時期に作られたTVシリーズのSF大作。今見ると時代を感じさせる設定と効果音が気恥ずかしい感じだけどカッコいい!! CGもまだ無かった時代のSF映画の雰囲気を感じられる作品です。

⇒作品紹介・レビューを見る

ブリキのおもちゃで見た事あるはず…

禁断の惑星

禁断の惑星

好評レンタル&発売中

移民惑星に到着した一行は、そこで調査隊の生き残りであるモービアス博士に出会う。博士は絶滅した前文明を研究しており、ロボットと娘と暮らしている。しかし、この星には正体不明の透明な怪物も潜んでいた…。

【見てほしいPoint】
R2-D2だけでなく、様々なロボットの原計と言われるロボットの「ロビー」が出る作品。このロボットを見れば、「あ、どこかで見た事ある…」と思うはず。映画も心理学を織り交ぜており良作。

⇒作品紹介・レビューを見る

SF映画の原点にして頂点

メトロポリス

メトロポリス

好評レンタル&発売中

科学の発展の結果、労働者たちは地下に押しやられ家畜のように管理され、資本家たちは地上で享楽的生活を送っていた。やがて労働者が反発しストライキが始まり、人造人間を作って事態収拾にあたるが狂い始め……

【見てほしいPoint】
1927年に作成されたモノクロの無声映画。なかなか見る機会はない時代の作品ですが、全てのSF映画の原点ともいえるもので、映画の中のアンドロイドはC-3POのモデルになった事で有名です。

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:中川一樹

エンタメ大好き人間でSHIBUYA TSUTAYA・湘南T-SITEなどの店舗を経て現在なぜか人事部に、、、TSUTAYAのコンテンツをこよなく愛すが、えり好みがヒドイので、まんべんなくしていかなきゃなと思いつつ、いまだに映画鑑賞やゲームで夜更かししちゃいます。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST