松坂桃李、三戸なつめ、パディントンが登壇! 映画『パディントン』:日本語吹き替え版完成披露試写会・舞台挨拶レポート

左から、パディントン、松坂桃李、三戸なつめ

マイケル・ボンドによるベストセラー絵本「くまのパディントン」を実写化した映画『パディントン』が来年1月15日に全国公開を迎える。去る12月17日、同作の日本語吹き替え版完成披露試写会がTOHOシネマズ新宿にて行われた。

上映前には舞台挨拶が行われ、本作の主人公:ペルーのジャングルからロンドンにやって来たくまのパディントン役で洋画の吹き替え初挑戦となった松坂桃李、パディントンを招き入れるブラウンさん一家の長女・ジュディ役を務めた三戸なつめ、そしてロンドンから駆けつけてくれたパディントンが登壇した。

パディントンをべた褒めの松坂

まず最初に松坂は、「(パディントンを見ながら)可愛いですね~。…君のことだよ?可愛いぜ~!」とパディントンをべた褒め。そして会場に駆け付けた大勢のファンには、「今日はパディントンの魅力を沢山味わって帰っていただきたいなと思っております」と挨拶した。三戸が「今日は楽しんで観て帰ってください!」と続けると、パディントンも身振り手振りで挨拶。すると、すかさず松坂が「今日は僕が大活躍するから」と吹き替えし、会場は大きな笑いに包まれた。

パディントンの吹き替えを実演する松坂

初めての洋画吹き替えがくまの役だった印象を訊かれた松坂は、「『僕ですか?』と何度も確認しました(笑)。本当にびっくりしたんですけど、アフレコルームで映像を見た時に、可愛くてしょうがなかったですね。アフレコをせずに見ていたいくらい可愛かったです。幸せな時間でした」とコメント。完成した本編を見た印象を訊かれると、「甥っ子に見せてあげたいなと。色々な方に見ていただきたいんですが、個人的には甥っ子に見てもらいたいです。きっと楽しんでもらえるんじゃないかと思います」と答えた。

小さいころからファンだったパディントンの作品に参加できた喜びを語った三戸

一方、吹き替え自体が初挑戦になった三戸は、「やはりすごく難しかったんですが、監督には丁寧に指導していただけました。そして小さいころからパディントンが大好きだったので、そのパディントンの作品に携わることができて、すごく幸せでした」とコメント。

小さいころから原作のファンだった三戸に対して、松坂は詳しい内容などは知らなかったと告白。これにはパディントンも少し悲しそうな姿を見せた。すると松坂は、「ごめんごめん…。でも今回、パディントンの良さを良~く分かったので!」と本作の吹き替えを通じて、パディントンへの理解が深まったことをアピールした。

パディントンの魅力を語る松坂

パディントンの魅力を訊かれた松坂は、「何事にも一生懸命なんですよね。本当に好奇心旺盛で、森から出てきて、ロンドンの街で見るもの全てが初めてなので、とにかく手当たり次第に何でも関わりたい、食べたい、触れたいという感じです。見ていると、『あー、きっとこうなるぞ。あー、ほらほら言わんこっちゃない』みたいに予想ができるんですが、パディントンが行動することによって、全てに新鮮さが出ているというか、『新しい感じ』を味わえます」「ちょっとドジなことをしても、魅力的過ぎるので、『まあ良いか』と思えるんです」と語った。

会場に用意されていたクリスマスツリーと衛兵

クリスマスが近いこともあり、会場にはイギリス国旗のユニオンジャックをあしらったクリスマスツリーが用意されていた。これに絡めて、「パディントンとクリスマスを過ごすとしたら、どんな風に過ごしますか?」と訊かれた松坂は、しばらく悩んだ後に、「人間界では未経験な部分が沢山あると思うので、まずは大きなショッピングモールに連れて行って、ご飯屋さんや雑貨屋を巡ったり、遊園地の絶叫マシーン、お化け屋敷に連れていきたいですね」と回答。一方の三戸は、「私は自分の家でまったりデートをしようかな。パディントンと一緒にクリスマスケーキや鍋を作って、一緒につつきたいです」と答えた。

舞台挨拶の最後には、3人がサンタに変身(?)して、客席に向かってクリスマスプレゼントを投げる一コマも。会場はプレゼントを求めるファンの、「松坂さーん!」「パディントーン!」「なつめちゃーん!」という大歓声に包まれ、集まった全ての人が笑顔を浮かべたまま、愉快な舞台挨拶は幕を閉じた。

(取材・文:岸豊)


映画 『パディントン』

2016年1月15日(金)全国ロードショー

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント

監督:ポール・キング

製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ

原作:マイケル・ボンド

配給:キノフィルムズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松坂桃李

生年月日1988年10月17日(30歳)
星座てんびん座
出生地神奈川県茅ヶ崎市

松坂桃李の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST