モードの帝王 or 20世紀最大のスター、どっちを見る? 2016年お正月映画十番勝負―【其の六】時代を生きたカリスマ

『SAINT LAURENT サンローラン』(公開中)

(C)2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA  - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

(C)2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL

モードの帝王と称賛を浴び、20世紀のファッション界を牽引したイヴ・サンローラン。その10年間にわたる“栄光と転落”を華麗な映像美でスキャンダラスに描く。

新デザイン発表のプレッシャーが重くのしかかる中、スランプに陥った彼は、豪遊や刹那的な快楽に溺れ…。本国フランスでは、主演を務めるギャスパー・ウリエル、『007 スペクター』のレア・セドゥらが「過去のサンローラン映画の中で、最高のキャスティング」と絶賛されている。

映画『SAINT LAURENT サンローラン』/監督:ベルトラン・ボネロ、出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ジェレニー・レニエ、ルイ・ガレルほか


『ディーン、君がいた瞬間(とき)』(公開中)

Photo Credit:Caitlin Cronenberg, (C)See-Saw Films

Photo Credit:Caitlin Cronenberg, (C)See-Saw Films

『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンと、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンが共演する青春グラフィティ。

LIFE誌の写真家デニスは、パーティで出会った当時無名だった新進俳優ジェームズ・ディーンのスター性を見抜き、密着取材を始める。24歳で事故死したディーンの素顔とは?才気あふれる二人の交流を、自身も有名写真家であるアントン・コービン監督が、躍動感あふれる映像で切り取っていく。

映画『ディーン、君がいた瞬間(とき)』/監督:アントン・コービン、出演:デイン・デハーン、ロバート・パティンソン、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アレッサンドラ・マストロナルディほか


(文:内田涼)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST