『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た方にオススメ! 新キャストが出演している映画5選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

ついに公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、新キャラを演じた俳優のほとんどが知名度の低いキャストたちだった点は非常に印象的でした。今回はそんなフレッシュな俳優たちが出演している貴重な作品をご紹介します!

フィンのキャラの原型は本作にアリ…!

  アタック・ザ・ブロック

アタック・ザ・ブロック

好評レンタル&発売中

ロンドンの低所得者向け公営団地を舞台に、少年ギャングが凶暴なエイリアンと壮絶な死闘を繰り広げるさまをユーモアと残酷描写を織り交ぜ、スリリングに描き出す。監督はこれがデビューのジョー・コーニッシュ。

【活躍のPoint】
オープニングからストーム・トルーパーとして登場し、その後主人公のレイとともに活躍を見せるキャラクターのフィン。彼を演じるのはイギリス出身の22歳の若手俳優、ジョン・ボイエガ。

彼の長編デビュー作でもある本作は、ボンクラの不良が、危機に直面することで大きく成長を遂げる物語なのですが、これはまさにフィンそのもの!仲間を救うために人肌脱ぐその姿は完全にフィンと丸かぶり!本作で際立つ存在感は、SWでも単なるレイの引き立て役ではなく、ポー・ダメロンらの新キャラとともにしっかり主役級のキャラとしてひけをとらない魅力につながっています!

『24』の最新シリーズ『リブ・アナザー・デイ』にも出演しています!

⇒作品紹介・レビューを見る

ナイスガイのポー・ダメロン、復讐にも手を貸すw

  リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!

愛犬ジョリーとともに暮らしていたハリーは仕事でミスをし、町を去ろうと考える。その矢先ジョリーが殺され、ハリーは問答無用の復讐を始める。愛犬家による復讐劇を、ブライアン・ペトス主演で描いた痛快アクション。

【活躍のPoint】
殺された愛犬の復讐を果たそうとするいとこの手伝いをする男、セシルを演じるのは、SWで超ナイスガイなパイロット、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック。SWではフィンと一瞬で仲良くなり、その後も常にナイスガイなお兄さんだった彼ですが、本作ではナイスガイすぎて復讐の手伝いをしちゃってます(苦笑)。

本作ではナイスガイというわけではありませんが、主人公とのバディ映画として楽しめる点では、ポーとフィンの熱く羨ましいバディ感を思い出さずにはいられません! お話自体はかなり破天荒な作品ですが、実はイライジャ・ウッドや、クリステン・ウィグなど、通好みのキャスティングも見どころです。

⇒作品紹介・レビューを見る

ポー・ダメロンとカイロ・レンはすでに共演していた!

  インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

フォークシンガーのルーウィン・デイヴィスは、知人の家を転々とするその日暮らしの日々を送っていた。ある日、泊めてもらった家の飼い猫が逃げ出してしまい、猫を抱えたまま行動するハメに…

【活躍のPoint】
本作は2013年のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、その年のアカデミー賞でも各部門にノミネートされるなど、非常に評価の高い作品です。そんな作品の主演を務めたのがSWでポー・ダメロンを演じていたオスカー・アイザック!彼の憎めない人柄がにじみ出た素晴らしい演技によって、より魅力的な作品に仕上がっています!

そして注目すべきは、SWでカイロ・レンを演じていたアダム・ドライバーも出演しているということ!そう、すでに2年前にポー・ダメロンとカイロ・レンは共演を果たしていたのです!映画ファン必見の傑作というだけでなく、実はSWファン必見の作品でもありますよ!

⇒作品紹介・レビューを見る

素顔のカイロ・レンを存分に堪能せよ!

  奇跡の2000マイル

奇跡の2000マイル

好評レンタル&発売中

オーストラリアの町アリス・スプリングス。人生に煮詰まり、居場所を失った24歳の女性ロビン・デヴィッドソは、ここから西に広がる広大な砂漠地帯を、たった一人で踏破するという過酷な冒険の旅を始めるためにこの地を訪れる…

【活躍のPoint】
オーストラリアの砂漠3,000キロを単独で踏破した女性の実話を元にした作品です。主演のミア・ワシコウスカが魅力的な演技を見せ、思わず見とれてしまうたくましい女性を演じているのですが、同じく見とれてしまうのは、主人公の女性の資金援助を行うのと引き換えに、旅の模様を撮影させてもらっているナショナル・ジオグラフィックのカメラマンを演じたアダム・ドライバーの顔!

SWでカイロ・レンがマスクを外し素顔を晒したとき、観客はあの特徴的なのになんとも表現しづらい個性的な顔に絶句したはず!(失礼!)面長でパーツの大きなあの顔は、カイロ・レンの不器用さに繋がる一方で、本作では孤独を癒やすパワフルな存在としても成立しています。

⇒作品紹介・レビューを見る

ハックス将軍とは真逆なキャラが魅力的!

  FRANK -フランク-

FRANK -フランク-

好評レンタル&発売中

マイケル・ファスベンダーが実在した英国のコメディアンをモデルにしたミュージシャンを演じる。常に風変わりな被り物をしている謎めいた男フランクと、彼がリーダーを務めるバンドに新加入した青年ジョンが繰り広げる交流の物語。

【活躍のPoint】
今回のSWの敵役は「ファースト・オーダー」。その組織で将軍のハックスを演じていたのはイギリス出身の俳優、ドーナル・グリーソン。『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』では主演のレイチェル・マクアダムスの相手役を務めるなど、すでにブレイクしかかっている彼ですが、本作ではハックス将軍とは真逆の、平凡、かつ穏やかな青年を演じています。

ファースト・オーダーの兵士たちを煽動する、あんな激しいスピーチを行っている姿とは打って変わり、主人公のミュージシャン、フランクに翻弄されまくるキャラを演じています! 正直彼はこんな役のほうが魅力的に映るとは思うのですが、それゆえハックス将軍の異質さが際立つ相乗効果にもつながっています!

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:勝地a.k.a.フュリオサの左腕

映画をご紹介させていただくお仕事。宇多丸さん、爆音映画祭の樋口さんとのトークイベントや、おすぎさんのラジオ協力、読売新聞映画紹介、フリペ各紙連載など。発掘良品「100人の映画通」選者。年間約500本鑑賞。新旧、洋画邦画アニメ、ジャンル問わずの雑食です!

勝地a.k.a.フュリオサの左腕のレビュー一覧(Filmarks)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST