伝説のギャグ漫画、まさかの実写映画化! 映画『珍遊記』にはお笑い芸人達も大挙出演!

(上段左から)板尾創路、矢部太郎、今野浩喜、おおかわら、アイアム野田

(上段左から)板尾創路、矢部太郎、今野浩喜、おおかわら、アイアム野田

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化! 映画『珍遊記』が、2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーとなる。

今回、追加キャストとして5人のお笑い芸人が一挙発表となった。また、合わせてそれぞれのキャラクターが伝わる劇中カットもそれぞれ明らかになった。彼らが演じる役柄の多くは原作にはない映画オリジナルキャラクターで、映画ならではの笑いを物語に吹き込んでいる。

お笑いコンビ・130Rのボケ担当の板尾創路…山田太郎(松山ケンイチ)に街中で声を掛けるこづれ紳士。シルクハットにステッキを携え、娘と手を繋ぎながら、如何にも謎めいた雰囲気を醸し出している。

お笑いコンビ・カラテカのボケ担当の矢部太郎…山田太郎退治にやってきた賞金稼ぎのザコ。カンフースーツにヌンチャクを手にしているものの、かなり弱々しそうな感じが滲み出ている。

お笑い芸人・今野浩喜…山田太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)の追っ掛け・アキバ。上半身裸でメガネとバンダナを身に着け、完全にオタク風の役柄に成り切っている。

お笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダー兼小ボケ担当のおおかわら…龍翔の側近・張明。本作では、脚本も手掛けつつ、人民服にメガネ姿で、何となく地味で目立たない役柄も演じている。

お笑いトリオ・鬼ヶ島の大ボケ担当のアイアム野田…世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)の一人息子のたけし。禿頭に道着という原作そのままの格好で、思いっ切りコミカルに演じている。


映画「珍遊記」
2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!

出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧
監督:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原秀
企画・総合プロデューサー:紙谷零
制作プロダクション:DLE
配給:東映

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

今野浩喜

生年月日1978年12月12日(40歳)
星座いて座
出生地埼玉県新座市

今野浩喜の関連作品一覧

ピエール瀧

生年月日1967年4月8日(51歳)
星座おひつじ座
出生地静岡県

ピエール瀧の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST