第66回NHK紅白歌合戦で嵐と『スター・ウォーズ』がスペシャルコラボステージ!

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 

(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved 

2015年──全人類が待ち望んだ映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。そのシリーズの最新作にして、新たなる3部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がついに公開し、公開から現在までに興行収入50億円を達成。シリーズのファンはもちろん、観客を魅了するストーリーとキャラクターが高い評価を集めている。

2015年は「STAR WARS YEAR」として、さっぽろ雪まつり、青森県田舎館村の田んぼアート、青森ねぶた祭での<スター・ウォーズねぶた>の登場、鳥取砂丘の砂像“砂のスター・ウォーズ”、過去最大の観客動員を記録したカワサキ ハロウィンでのSWパレード、そして世界遺産 清水寺でお披露目された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風など、「スター・ウォーズ」と日本の融合は、“STAR WARS 現象”となり、その度に大きな話題となり日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。

そしていよいよ日本の大晦日の象徴、今年は「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」をテーマに掲げる<第66回NHK紅白歌合戦>に「スター・ウォーズ」が登場。武士道や時代劇といった日本文化に強く影響を受けている「スター・ウォーズ」と、紅白歌合戦だからこそ実現出来た「嵐」とのスペシャルステージに日本の大晦日は熱気に包まれた。

紅白歌合戦の華やかな雰囲気に突如、轟く雷鳴。雷鳴と共に登場したのは世界で最も人気のある悪役の1人ダース・ベイダーと彼が率いるストームトルーパー軍。あわや紅白歌合戦がダークサイドの魔の手に堕ちそうになった時、新しいジェダイを探しに人気ドロイドのR2-D2、C-3POが登場。そのキュートな姿で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開後に急速に人気を高めているBB-8も駆け付け彼の登場に大きな歓声があがった。

さらに新しいダークサイド、カイロ・レンの映像が映し出されると会場の緊張感はさらに高まった。そんな状況を救うため強いフォースと共にジェダイの騎士さながらの衣装に身を包んだ嵐が登場! ライトセーバーを華麗に操り「スター・ウォーズ」のテーマに合わせて踊る姿に会場のボルテージは一気に上がり、日本の大晦日を熱気で包んだ。

>『スター・ウォーズ』の記事をもっと読む


映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
大ヒット上映中

監督:J.J.エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンbr /

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST