『クリムゾン・ピーク』、屋敷の秘密が眠る、恐怖と戦慄に満ちた“廊下”その全貌が明らかとなる特別映像公開!

(C) Universal Pictures.

(C) Universal Pictures.

ギレルモ・デル・トロ監督の最新作にして、監督史上、最も美しいダークなミステリー、『クリムゾン・ピーク』が2016年1月8日(金)よりとなった。

本作は、『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』を手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の約3年ぶりとなる最新作。細部まで作り込まれた屋敷を舞台に、“怖さ”と“美しさ”が創り出す、監督ならではの世界観が広がっている。
監督自身、今年開催されたコミコンで、「これまでの中でも大好きな三本の映画のうちの一本。そして個人的に最も美しい映画だと思っている」と話すほど、ギレルモ・デル・トロ監督史上、最も美しい極上のゴシック・ミステリー作品だ。

今回、デル・トロ監督が“重要な空間”と位置づける、屋敷の“廊下”の全貌が明らかになる特別映像が到着した。

英国の人里離れた場所にぽつんと立てられ、何世代もの暗い秘密を抱える荒れ果てた屋敷“アラデール・ホール”。本作で最も重要な要素となり、ストーリー展開の器としての役割も担っている広大なゴシック様式の屋敷は、約6ヶ月かけて完成させたセットであり、デル・トロ監督の独創的なイマジネーションが至る所に反映されている。

そして今回公開された映像では、不気味な屋敷の内部につづき、デル・トロ監督がとても大事な空間と考える廊下の全貌が明らかになっている。「ゴシック調の廊下は、私のお気に入りのセットだ」と話すように、映像内では蝶が描かれた壁紙や、シルエットを人の形に似せたアーチなどが映し出されており、監督の細部に至るこだわりが見てとれる。

また、屋敷の主人であるトーマス役を演じたトム・ヒドルストンは、「トーマスはこの場所を避けようとするんだ。そこには恐ろしい秘密が隠されているからね」と話す。

トーマスと結婚し新たな生活を始めようとする主人公のイーディス、そんな彼女に何かを伝えようと姿を現すのは悪夢のような幻影や深紅の亡霊たち。その中でも廊下のシーンは一際恐怖と戦慄に満ちており、さらにそこには屋敷に隠された秘密を暴く重要な物が眠っているのだ。

不可解な現象に誘われ、やがてその秘密を知ってしまうイーディスの身に起こるさらなる恐怖とはー?恐ろしくも美しい屋敷で起こる衝撃の展開と結末に是非期待が高まる。


映画『クリムゾン・ピーク』
大ヒット上映中

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ/マシュー・ロビンス
出演:ミア・ワシコウスカ 『アリス・イン・ワンダーランド』、トム・ヒドルストン 『アベンジャーズ』、ジェシカ・チャステイン 『インターステラ―』、チャーリー・ハナム 『パシフィック・リム』
2015年/アメリカ/上映時間:119分/レーティング:R15+
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST