松ケン主演映画『珍遊記』の予告編&本ビジュアルが遂に完成!

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」の、まさかの実写映画化作品『珍遊記』が、2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショーを迎える。

今回、映画の全貌を伝える予告編が遂に完成し、1月30日(土)からの映画館での上映に先駆けて、いち早く解禁となった。また、本ビジュアルも初公開され、訳の分からないおバカな世界観の一部が明かされた。

今回の予告編は、主人公・山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指すことになる坊主・玄奘(倉科カナ)が、太郎と出会う前に偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に相談を持ち掛けられ、真顔で「ちんこ」について会話を繰り広げる、妙にシリアス度満点な映画のファーストシーンから始まる。

続いて太郎、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々登場。何とも説明しにくい衝撃のアクションシーンの数々を始め、荒唐無稽過ぎて目が離せない本作ならではの独特な魅力を凝縮している。

BGMとして使われているのは、これまた初公開となるRIP SLYMEによる書き下ろしのエンディング曲「Drop!」だ。また、ナレーションは、本作の特報に引き続き、俳優・声優の千葉繁が担当。より一層ハイテンションに、映画のもの凄い世界観を解説している。


映画『珍遊記』

2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー

出演:松山ケンイチ倉科カナ溝端淳平田山涼成 笹野高史 温水洋一ピエール瀧

監督・編集:山口雄大

原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)

脚本:おおかわら/松原 秀

企画・総合プロデューサー:紙谷 零

撮影:福本 淳 照明:市川徳充 録音:西條博介 美術:福田 宣 音楽:森野宣彦

オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)

エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)

バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプⅢ」(VAP)

制作プロダクション:DLE 配給:東映 宣伝統括:ヨアケ 宣伝プロデューサー:上阪 優

製作:「珍遊記」製作委員会(DLE/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ/東映/木下グループ/SDP/東映ビデオ)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST