多部未華子、主演映画舞台あいさつで倍賞美津子に公開謝罪

22日、映画『あやしい彼女』完成披露試写会が都内で行われ、多部未華子倍賞美津子要潤北村匠海志賀廣太郎小林聡美、水田伸生監督が出席した。

倍賞美津子と多部未華子

倍賞美津子と多部未華子

本作は、73歳のおばあちゃんが20歳に若返って人生をやり直す姿を、笑いと涙、60年代の名曲を散りばめて描くエンターテイメントムービー。

多部は大女優の倍賞との共演に緊張もあったようだが、相当の人見知りのため、いろいろアドバイスをもらっても「はい、そうですね」としか言えなかったようで、この日は「たくさん声をかけていただいて心配してくださったのに、『はい、そうですね』としか言えず申し訳なかったです」と公開謝罪。

しかし、倍賞はフレッシュな多部との共演を楽しんだようで、二人一役を演じるにあたり、「同じ人物でも感じも体つきも全く違うけど、心だけは繋がっていようねということはよく話していました」と振り返る。

劇中、多部が披露する歌声にも注目が集まっており、要は「天性の歌声ってあるんだな。こういうのを天性の歌声というんだなと、思わず膝から崩れ落ちそうになりました」と絶賛。志賀も初めて歌声を聞いた時に「なんていいんだろう…」と聞き入ってしまったことを明かし、多部を大いに照れさせた。また、多部の娘役を演じた小林は「多部さんがお母さんに見えました」とその手腕を称えると「胸を借りて、思いっきり芝居をさせてもらいました」と爽快な笑顔を見せた。

ベテラン俳優たちを相手に座長を務め、軽妙な掛け合いでコメディエンヌとして才能を発揮した多部だが、素顔はシャイな女の子。途中、「声が小さい」と倍賞や要からツッコまれつつも舞台あいさつを全うした多部は、最後に「楽しんで観てください。そして、気をつけて帰ってください」と多部らしい一風変わった締めコメントで笑わせ、会場を後にした。

映画『あやしい彼女』は4月1日より全国公開

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

多部未華子

生年月日1989年1月25日(30歳)
星座みずがめ座
出生地東京都

多部未華子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST