【主演女優賞受賞】アカデミー賞4部門ノミネート作品『ルーム』ー7年の監禁の後、母と子は「世界」と出会う

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

ひょっとしたら、サスペンス映画だと思って観るのをためらってしまう人もいるのかもしれません。でも、それはあまりにもったいない誤解。実は、母と子の愛という普遍的なテーマを描いた映画であり、鑑賞後には爽やかな感動に包まれる傑作、それがアカデミー賞主要4部門にノミネートされた『ルーム』という映画です。

物語は、ジャックという少年が目覚めて「僕、5歳になったよ」とママにつぶやくところから始まります。とても髪が長く、白い肌をしたジャックは、綺麗な顔立ちもあって、まるで女の子のよう。ママと2人で朝食を食べた後は、体操をして、テレビを観て、誕生日のケーキを焼いて…。一見、とても幸せそうにさえ見えるのですが、いや、何かがおかしい。

そう、2人は「部屋」の中から一歩も出ることなく、暮らしているのです。扉は閉じられ、四方に窓はなく、天井に天窓がひとつあるだけ。実はママは7年前に誘拐され、「部屋」にずっと監禁されていました。誘拐された後、ママは「部屋」の中でジャックを出産し、やはり「部屋」の中で育てます。ジャックは外の世界のことを何も知らず、壁の外には宇宙空間が広がっていると教えられてきました。

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

そうはいっても、ジャックはもう5歳。ママはジャックに真実の世界を見せるため、「部屋」からの脱出を計画します。そのためには、時々夜中に「部屋」を訪れる「オールド・ニック」と呼ばれる男を何とかして騙さなければいけません。しかし、そんなことは可能なのでしょうか。ハラハラする脱出劇を企てながらも、ジャックのことを思うママの愛に思わず涙がこぼれそうになります。

初めて見る広い空、木々、道路、ママ以外の人間や動物。それらは、「部屋」しか知らないジャックの目にどのように映るのでしょうか。そして、「部屋」の外に飛び出した後、ママとジャックにどのような運命が待っているのでしょうか。

ここであまりストーリーを詳しく語るべきではありませんが、物語は想像を超えるような展開をしていきます。とはいえ、ひとつだけ伝えておきたいことは、「部屋」の中に7年間も閉じ込められていた、というショッキング性がこの映画の本筋ではないということ。

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

(C) ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

「部屋」からの脱出と「世界」との出会いは、2人に大きな衝撃を与えます。特にジャックは、あまりに激しすぎる変化についていけるのだろうか、なんて心配していたら…。とにかく涙が止まらない。経験したことのない、未知の感動を届けてくれる名作の誕生です。

(文:玉田光史郎)


映画『ルーム』
4月8日(金) TOHO シネマズ 新宿、TOHO シネマズ シャンテ他全国順次公開

監督:レニー・アブラハムソン 『フランク』(14)
出演:ブリー・ラーソン 『ショート・ターム』(13)、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン『きみに読む物語』(04)
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ブリー・ラーソン

生年月日1989年10月1日(29歳)
星座てんびん座
出生地

ブリー・ラーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST