映画『デスノート 2016』で戸田恵梨香が再び“ミサミサ”に。本人も「嘘でしょ!と思いました」

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画『デスノート 2016』より ©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

2006年に公開された『DEATH NOTE デスノート』『DEATH NOTE デスノート the Last name』、そして『L change the WorLd』で“ミサミサ”こと弥海砂(あまねみさ)を演じた戸田恵梨香が、本年10月29日(土)に公開を迎えるシリーズ最新作『デスノート 2016』で再び弥海砂を演じることが決定した。

本作で描かれるのは、熾烈な知能戦を繰り広げた月とLの死から10年後。死神が地上にデスノートをばらまいて大混乱に陥った世界を舞台に、主人公で警視庁の<デスノート対策本部>に所属する三島創(東出昌大)、世界的探偵の竜崎(池松壮亮)、サイバーテロリストの紫苑優輝(菅田将暉)らが、デスノートの争奪戦を繰り広げる。

そんな本作で重要な鍵を握るのは、原作に存在しながらも、未だ使われてこなかった“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という【6冊ルール】だ。

戸田が演じる海砂は、10年前にデスノートの所有権を放棄したことにより、デスノートに関する記憶を失っている。月への想いは持ち続けたまま女優として活動する海砂だが、6冊のデスノートが持ち込まれた世界では、月とLの戦いを知る海砂の“記憶”が鍵となるため、海砂はデスノートの争奪戦に巻き込まれてしまう。

戸田は出演オファーを受けた時を振り返り、「嘘でしょ!と思いました。本当ですか?って(笑)。10年前の作品で月とLも亡くなっているし、当時も10年後の物語を作ることはないだろうと思っていたので本当に驚きました」とコメント。

役作りについては、「その当時に戻れるのか、戻っていいのか?戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました」と明かしている。


映画『デスノート 2016』
2016年秋公開

原作:「デスノート」大場つぐみ・小畑健 集英社ジャンプコミックス刊
制作プロダクション:日活/ジャンゴフィルム
配給:ワーナー・ブラザース映画
監督:佐藤信介
脚本:真野勝成

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

戸田恵梨香

生年月日1988年8月17日(31歳)
星座しし座
出生地兵庫県

戸田恵梨香の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST