押井守監督の最新作『ガルムウォーズ』公開日&ビジュアル解禁!

©I.G Films

映画『ガルムウォーズ』より ©I.G Films

構想に15年、製作費に20億円を要した押井守監督の最新作『ガルム・ウォーズ』。本作の日本版の公開が5月20日(金)に決定すると共に、主人公・カラが顔を上げ、空を見上げるメインビジュアルが初解禁となった。

独特の世界観と映像美で世界を魅了し続ける鬼才・押井守。95年発表の『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』は、全米ビルボード1位(※)を獲得し、ジェームズ・キャメロン、クエンティン・タランティーノ、ウォシャウスキー姉弟をはじめとした、数多くの世界的クリエイターに影響を与えただけでなく、2017年にはハリウッドでスカーレット・ヨハンソン主演の実写版が公開される。

2004年に発表した『イノセンス』は、アニメ作品で初めてカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、2014年にはモントリオールファンタジア国際映画祭から生涯功労賞が授与されるなど、数々の栄誉を獲得。押井監督は、世界へ通用するジャパンアニメーションの土台を築き上げてきた人物といっても過言ではない。

そんな押井監督のデビューから30余年。彼が構想15年をかけて異国の地・カナダで全身全霊を捧げて撮影したのが、最新作の『ガルム・ウォーズ』だ。かねてより「実写とアニメーションは融合して区別がつかなくなる」と提唱してきた押井監督は、『イノセンス』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など、数々の作品を共にしてきた世界的アニメーション製作会社Production I.Gと共に、オール北米ロケを敢行。言葉も通じぬ異国の地で、日本人は監督含めスタッフ7人という状況の中、外国人俳優を起用して撮影に挑み、アニメーションと実写の境界線を越えた新しい映像を作り上げた。

なんと本作では、日本語版プロデューサーとしてスタジオジブリ鈴木敏夫の参加が決定。名だたる名匠と数々の名作を生み出し、ヒットに導いてきた彼が、盟友・押井を支えるため、『イノセンス』以来12年ぶりにタッグを組むこととなった。この強力タッグが仕掛ける新しい映像の未来は全世界の注目を集めることだろう。また、鈴木プロデューサーが自ら手掛けたタイトルロゴも初解禁となったため、ぜひチェックしてほしい。

©I.G Films

映画『ガルムウォーズ』より ©I.G Films

【ストーリー】
遙かなる古代、戦いの星・アンヌン。ここには創造主・ダナンがつくったクローン戦士・ガルムと彼らから神聖視される犬・グラと、鳥が生息している。ガルムはたとえ命を落としても、その個体の記憶をクローンの脳に転写することで、幾世代も生き延びてきた。ダナンが星を去った後、覇権をめぐり3部族の抗争が続いていた。ある日、空の部族・コルンバの女性飛行士「カラ」は、陸の部族・ブリガの兵士「スケリグ」との戦闘の最中、情報操作に長けた部族・クムタクの老人「ウィド」と出会う。

我々は何処から来て何処へ行くのか?

ウィドが投げかける不可思議な問いによって、敵同士である彼らの間に奇妙な連帯が生じ、3人は「ガルムの真実」を探る旅に出る。しかし、それは神の怒りに触れる行為だった――。


映画『ガルムウォーズ』

5月20日(金)全国ロードショー

【スタッフ】
原作・脚本・監督:押井守
日本語版プロデューサー:鈴木敏夫
音楽:川井憲次
協力:スタジオジブリ
制作:Production I.G
製作:バンダイナムコエンターテインメント Production I.G
配給:東宝映像事業部

【出演/声の出演】
カラ:メラニー・サンピエール/朴璐美
ウィド:ランス・ヘンリクセン/壤晴彦
スケリグ:ケヴィン・デュランド/星野貴紀

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

押井守

生年月日1951年8月8日(68歳)
星座しし座
出生地東京都大田区

押井守の関連作品一覧

鈴木敏夫

生年月日1948年8月19日(71歳)
星座しし座
出生地愛知県

鈴木敏夫の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST