今夜の金曜ロードショーは必見! 映画『バットマン vs スーパーマン』の序章となる『マン・オブ・スティール』が地上波初登場

スーパーマンの圧倒的な力

スーパーマンの圧倒的な力

DCコミックスの2大ヒーロー、バットマンとスーパーマンが壮絶な戦いを繰り広げるエンターテインメント超大作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』がついに本日より公開となった。

本作の監督を務めるのは、ザック・スナイダー。スナイダー監督は、2013年に、この作品の前章となる『マン・オブ・スティール』でスーパーマンの誕生秘話を描いている。そして嬉しいことに、今回の映画初日に合わせて『マン・オブ・スティール』が日本テレビの「金曜ロードショー」で地上波初放送されるのだ。

『バットマン vs スーパーマン』が気になっているんだよな、という人は必見の内容。それはなぜかというと…

1.『スーパーマン』の生い立ちを知ることができる

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、『マン・オブ・スティール』の続きの話のため、すでに地球にいるスーパーマンの細かな描写は省かれているが、関連キャラクターは引き続き登場する。地球人ではない彼がどうやって地球に来ることになるのか、そこには悲しい物語が…。

2.『スーパーマン』の生活風景を垣間見ることができる

わけあって地球に来たスーパーマン。しかし彼がすんなり地球の生活に馴染めるはずもなく…。新作では『スーパーマンが悪に染まる』とも言われているが、もともとの彼の苦悩を知っていると共感度もアップ。

3.『闘いの規模感』を知ることができる

スーパーマンはもともと地球人ではないが、それはとある事情で彼を追ってくる悪の将軍(と軍団)も同じ。彼らが地球で戦うとどうなるのか。とにかくケタ外れのバトルに「地球大丈夫か?」と思うこと間違いなし。そして、このバトルが『バットマン vs スーパーマン』ではさらにパワーアップするのだから、「やっぱりそうなるよね」とある程度の心の準備は必要だろう。

『マン・オブ・スティール』を観たのなら、いざ映画館へ!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では、冒頭にも書いたとおり、バットマンとスーパーマンが闘うだけでなく、そこに新キャラクターも加わって…。ストーリーの展開もさることながら、後半はド派手なシーンの連発で目が追いつかないかもしれないが…観るべき理由は次の記事を参照して欲しい!

>新作映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観るべき3つの理由――正義とは何か? ヒーロー戦国時代の幕開け!


映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
大ヒット上映中

監督:ザック・スナイダー
脚本:クリス・テリオ and デイビッド・S・ゴイヤー
製作:チャールズ・ローブン、デボラ・スナイダー
製作総指揮:クリストファー・ノーラン、エマ・トーマス、ウェスリー・カラー、ジェフ・ジョンズ、デイビッド・S・ゴイヤー
出演:ベン・アフレック、ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・レイン、ローレンス・フィッシュバーン、ジェレミー・アイアンズ、ホリー・ハンター、ガル・ガドット

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST