みんな大好き「グルメ映画」のはずが…一転、コーナー終了の危機!?【水曜バラいろショー/4月6日放送】

『水曜バラいろショー』Copyright(c) Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp. Tokyo Japan All Rights Reserved.

玉袋筋太郎(以下:玉さん)&RHYMESTER宇多丸(以下:宇多さん)の映画好きコンビが贈る「水曜バラいろショー」。本日お届けするのは先週の予告通り『グルメ映画』だが、今回は宇多さんからの提案映画に玉さんも「コーナー終わる(笑)」と危機感を露わに…!?

世の中の人が見ている「グルメ映画」はコレ

玉:今回のテーマは「グルメ映画」! 今ちょうどおなかが空いている時間帯じゃないですか??
宇多:みなさんもご飯食べながら見ているかもしれない…ということで、世の中の人は「グルメ映画」と言えばどんなものを思い出すのか? TSUTAYAさんにランキングを取っていただきました。それがこちらです!

『水曜バラいろショー』Copyright(c) Tokyo Metropolitan Television Broadcasting Corp. Tokyo Japan All Rights Reserved.

宇多:まあ、見ていくとですね、『スーパーサイズ・ミー』はグルメ映画というのか、みたいな。ハンバーガー食べ過ぎると具合悪くなりますよっていう…。『パルプ・フィクション』もね、確かにカフナバーガー食べたり。
玉:この『かもめ食堂』は船で遭難した人がかもめ食って生き延びたっていう話ですもんね?
宇多:違います(笑)。そんなに面白い話なら観たい(笑)。
玉:(笑)
宇多:最近だと『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は良かったです。この映画観るとめっちゃお腹空く!! 絶対キューバサンドイッチ食べたくなります。
玉:『食堂かたつむり』を指差しながら)これはあれかな? エスカルゴ料理の映画なの??
宇多:ぅ…あの、これは…
玉:(察し)

TSUTAYAレンタル累計ランキング 「グルメ映画」TOP10

 「グルメ映画」TOP10

1.レミーのおいしいレストラン
2.かもめ食堂
3.南極料理人
4.食べて、祈って、恋をして
5.食堂かたつむり
6.ショコラ
7.スーパーサイズ・ミー
8.パルプ・フィクション
9.シェフ 三ツ星フードトラック始めました
10.ディナーラッシュ

究極のグルメ映画、教えマス

玉:やっぱりさぁ、宇多ちゃん、ミシュランが三ッ星つけるようなグルメ映画って必ずあるはずなんですよ!!
宇多:そうなんですよ。これ(TSUTAYAのランキング)見るとね、「はいはいはいはい…素人のランキング!」って。 どうしようもない。ついついこういうのを選んじゃいますよね。
玉:そうそう。
宇多:こんなにフリが長い必要はないんですが(笑)。
玉:(笑)。いいよいいよ
宇多:ということで私は納得出来ない。なぜこの作品が入っていないのか? 究極のグルメ映画、それはこちらでございます。

究極とはすなわち“食人”

GONIN2

グリーン・インフェルノ

2016年4月20日レンタル&発売開始

『ホステル』のイーライ・ロス監督が、80年代前後に一世を風靡した食人族映画を現代に甦らせて描く衝撃のカニバル・ホラー。アマゾンの先住民族に捕まったアメリカの学生たちを待ち受ける凄惨な運命を、過激なゴア描写満載に描き出す。

女子大生のジャスティンは、環境活動家グループのカリスマ・リーダー、アレハンドロに好意を抱き、彼らが南米ペルーで行う抗議活動に参加することに。その内容は、未開のジャングルに暮らす先住民、ヤハ族を守るため、違法な森林伐採を阻止するというもの。

期待以上の成果を挙げ帰途に就いた一行だったが、ほどなくしてセスナ機が墜落し、彼らはアマゾンの真っ只中に放り出されてしまう。ジャスティンは他の数人の仲間たちとともにかろうじて一命を取り留めるが…。

作品情報・レビューを読む

玉:美味しそう! 香り立ってきてない? これ。
宇多:えぇ。
玉:胃液がいっぱい出てきた…
長谷川アナ(以下:長谷川):ちょっとちょっと…!
宇多:素敵なグルメ映画ですよね。2015年の11月に公開され、この4月20日にDVD&Blu-rayが発売されます。そして私と、高橋ヨシキさんと一緒に音声解説もしてまして。素晴らしいグルメ映画。お腹空くよ~ってことで。本作の見所ポイントはこちらでございます。

食べるんです

食べるんです

宇多:21世紀によみがえった「食人映画」ということです。
玉:これね、『dancyu』でも特集されましたからね。
宇多:そうですね。男のカニバリズム…
玉:男の料理とかね。
宇多:食人映画で一番有名なのは1980年のイタリア映画、日本では83年に公開された『食人族』というね、セミドキュメンタリースタイルの作品で。『南極物語』とか『ジェダイの復讐(公開当時の副題)』が公開された夏休み映画ですよ。家族が入りきれず、そのお客さんたちが映画館で『食人族』をうっかり…。
玉:一生トラウマ!
宇多:そういう作品でございました。いわゆるモンド映画…ヤコペッティとか、そういう流れがあってからの食人映画。で、食人映画はすぐ廃れてしまう。今、ゾンビ映画が大ブームじゃないですか? ゾンビ映画という形で食人映画は形を変えて残っているわけなんですね。
玉:お腹空いちゃったなぁ~。

(映像を見ながら)

宇多:監督はイーライ・ロスで、『ホステル』シリーズという大傑作もございました。彼がチリの映画の人間と仲良くなって作ったのが今回の映画。非常に斬新なのは、色のビビットな使い方。これは今までになかった。
玉:周りみんな彦摩呂みたいなもんで…
長谷川:全然違いますよ!
宇多:アマゾンの山奥で暮らしている民族を守りに…という大義名分のもとに学生たちが行くんだけど、飛行機が落ちて捕まってしまい、このように…活き活きとね…

(食事シーンはほぼモザイク)

玉:ワイルドな料理ですよね、これは。
宇多:えぇ。
玉:これ、すごいよ。踊り食いってやつかな??

宇多ちゃん、このコーナ終わる!

宇多:今日は「グルメ映画」というくくりでしたよね? 見どころのその2はこちらです。
玉:何??
宇多:おいしそう。

さすがの玉さんも、合いの手でなく、思わずツッコミを

さすがの玉さんも、合いの手でなく、思わずツッコミを

玉:バカヤロウ(笑)
長谷川:いやいやいや!
玉:(爆笑しながら)宇多ちゃん、このコーナ終わる! 絶対終わる(笑)。
宇多:(笑)
玉:飲み屋でやってるんじゃないんだから!! 俺知らないよ?
宇多:まあ見てください! 理由がありますから

(再度映像を見ながら)

宇多:ちゃんと肉に塩をかけたりコショウを振ったり、調味料で美味しく…そして燻すんです。燻製なんですよ。
室井佑月(以下、室井):美味しそう!
長谷川:ちょっと?
宇多:燻製にした美味しそうなお肉を村人たちで分けて、無駄なく食べるということなんですよね。
室井:ちゃんと焼いてるもんね。
宇多:ちなみに、この映画の製作前に現地の人達に『食人族』を観せていて、彼らもコメディだと理解している。それで全面協力してくれているんです。
玉:まさに、同じ釜の飯を食った、と。
宇多:そうです。これが良く出来ているのは、先ほど出てきた“燻製”が物語の重要な役割を果たすんですね。それが、あっと驚くような方法で活かされるので。
長谷川:観たくなってしまう…
玉:もう腹減った…焼き肉行きたい…。

『グリーン・インフェルノ』だけじゃない?

映像だけでお腹が空くどころか、お腹いっぱいになったところで、「肉に魅せられた有名人っていうのはたくさんいますから」と切り出す玉さん。今日はタメになる(?)ウンチクで次々有名人を紹介。いい感じで番組のバランスを取るのであった…。

意外と知らない肉列伝

意外と知らない肉列伝。焼肉屋とか焼肉屋とか焼肉屋とか。

次回は「子役映画」!!

玉:次回は5月です。5月はこちら!「子役映画」ですね。

宇多さんの言い方には含みがあったような気もしたが…

宇多さんの言い方には含みがあったような気もしたが…

玉:(マコーレー・)カルキン君だとかね…
宇多:やっぱり良くなってない人(笑)。
玉:そっかそっか(笑)。
宇多:5月はこどもの日でもありますんでね、ご家族みんなで楽しめる子役映画を紹介したいと思います。

>水曜バラいろショー放送アーカイブはこちらから


オトナの夜のワイドショー!『バラいろダンディ』番組公式サイト
月~金曜日 21:00~21:55

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST