昨日までの自分にさようなら! 新年度、自分を変える勇気をくれる映画4選―TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

いよいよ新生活がスタート! でも、今までの自分を変えられるか不安…そんな方にオススメ、頼りない主人公たちが変わっていく、勇気とやる気をくれる映画を選びました!

今年こそは「良き仲間を見つける!」

  スパニッシュ・アパートメント

スパニッシュ・アパートメント

好評レンタル&発売中

パリで暮らす学生グザヴィエはバルセロナへ留学し、シェアアパートに住むこととなる。そこにはスペイン、イギリス、ドイツなど、国籍の違う男女6人の学生が暮らしており、彼らとの騒々しい共同生活が始まるのだった…。

【勇気とやる気をくれるPoint】

セドリック・クラピッシュ監督の”青春三部作”の1作目として有名なグザヴィエとその仲間たちの物語。2作目『ロシアン・ドールズ』、3作目『ニューヨークの巴里夫』も良いですが、やはり1作目が一番いきいきとした魅力に溢れていますよね。

イタリア、ドイツ、デンマーク、イギリス、スペイン出身の個性的なルームメイト達と一緒に夜の街に繰り出したり、浮気を隠したり…シェアハウスがブームになった今、改めて見ても、仲間っていいなぁ!というパワーをもらえる映画です。

自分に甘いタイプのグザヴィエが仲間たちとのハチャメチャな生活の後、自分がやりたいことに気づくというのもこの映画の醍醐味。新生活を始める前に見るのにピッタリの作品です!

⇒作品紹介・レビューを見る

今年こそは「ダメな自分を好きになる!」

  フランシス・ハ

フランシス・ハ

好評レンタル&発売中

『イカとクジラ』の俊英ノア・バームバック監督が贈る青春コメディ。ニューヨークを舞台に、プロダンサーを夢見る27歳のヒロインのほろ苦くもユーモラスな等身大の人間模様を、モノクロ映像で軽やかに綴る。

【勇気とやる気をくれるPoint】

ウェス・アンダーソンの名作『ライフ・アクアティック』の共同脚本家であり、批評家から高い評価を受けた『イカとクジラ』の監督であるノア・パームバック。そんな彼が2012年に密かに撮りあげた作品がこの『フランシス・ハ』です。

ヌーヴェル・ヴァーグにオマージュを捧げた、モノクロの映像と捉えどころのないストーリー。カラックスの『汚れた血』にオマージュを捧げた、主人公がデヴィッド・ボウイの「モダン・ラブ」をバックに街を走り抜けるシーン。

ミニシアターブームを経験した人には、このオフビート感がどこか懐かしいのですが、そこに描かれているのは確かに「現代のニューヨーク」! このギャップ、この“ラフな作りに見せかけた繊細さ”が本作の魅力です。

主人公のフランシスは周りの人間に呆れられるような少し変わった女性ですが、そんな彼女が少しずつ変わっていく様にも勇気付けられます。ラストも爽やか、そして感動!

⇒作品紹介・レビューを見る

今年こそは「あきらめないで夢を叶える!」

  幕が上がる

幕が上がる

好評レンタル&発売中

劇作家・平田オリザの小説『幕が上がる』を、本広克行監督がももいろクローバーZを主演に迎えて映画化。弱小高校演劇部がワケあり新任教師の指導の下、全国大会を目指して演劇に打ち込んでいく姿を描く。

【勇気とやる気をくれるPoint】

ももクロ映画初主演。弱小演劇部が全国大会を目指すこの作品では、その部員たちの演技・演出が上達していく様と、ももクロメンバーの演技が上達していく様がシンクロするように作られています。

ももクロの普段束ねるリーダー、百田夏菜子が演者ではなく、部員を叱り、励ます演出家なのも重要なポイント。リアルと映画の世界が重なっていく不思議な感覚を味わうことができます。さらにこの作品では、教師役の黒木華にも注目。彼女が「演技の例を見せる」シーンは、正に部員と同じように息を呑むほど彼女の実力を体感できます。

不器用で、でも仲間と一緒に一つ一つ階段を上っていく部員たち。単なる青春ドラマではありません!

⇒作品紹介・レビューを見る

今年こそは「自分の可能性を信じる!」

  マダム・イン・ニューヨーク

マダム・イン・ニューヨーク

好評レンタル&発売中

家族ために人生を捧げてきたインド人主婦が、ひょんなことから家族に内緒でニューヨークの英会話学校に通い始め、人生の新たな喜びを見出していくさまをハートウォーミングに描いたインド発の女性ドラマ。

【勇気とやる気をくれるPoint】

インドで家族と暮らす平凡な主婦が、英語ができないコンプレックスをはねのけ、ニューヨークで一人の女性として自信を取り戻していく様を感動的に描いた作品。

粋なフランス人男性との心の交流や、新しくできた友達とのつながりなどを通じ、彼女が自身の殻をやぶっていく様子は、「自分も頑張ろう!」と思わせられます。

インドの吉永小百合と評される、15年ぶりに映画主演したシュリデヴィの50代とは思えない美しさも素晴らしいです。

⇒作品紹介・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:かしこ

90年代のミニシアターブームから映画にはまり、気づいたら幾星霜。 単館系、文芸系、ドキュメンタリー映画をよく見ます。

最近は海外の映画祭にボランティアで参加したいと思いたち、もっぱら英語を勉強中。(でも道のりは遠い…)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきのおすすめ映画はコチラ

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST