阿部サダヲ、主演映画『殿、利息でござる!』の“銭集め”プロジェクトを始動!

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

映画『殿、利息でござる!』“銭集め”セレモニー&完成披露試写舞台挨拶より (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

4月6日(水)、阿部サダヲの主演最新作『殿、利息でござる!』の“銭集め”セレモニー&完成披露試写舞台挨拶が都内で開催された。殿に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという奇想天外な発想で、「庶民がお金を貯めた」という実話に基づいた本作にちなんで行われた“銭集め”セレモニー。司会の呼び込みにより、阿部をはじめ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、そして中村義洋監督がサプライズで登壇すると、セレモニーに詰めかけた200人のファンは大興奮!

重い年貢に苦しむ町を救うため、奇想天外なアイデアを実行しようとする主人公・穀田屋十三郎(こくだや じゅうざぶろう)を演じた阿部は、予想を超える観客と大勢のマスコミに驚いた様子を見せつつ、本日のセレモニーを皮切りに、全国での”銭集め”活動を行う旨を発表。スピーカーを片手に「これから、映画公開日の5月14日まで、全国の銭集めをいたします。『殿、利息でござる!』銭集めプロジェクト、スタートします!」と高らかに宣言した。

今回集まったお金は、映画に登場する庶民の奮闘を記録した古文書の保存に役立てることが説明されると、阿部は「中にはお札でご参加くださる方もいらっしゃるかもしれませんが、我々はそんな大金はつつしませて頂きます。どうぞ皆さま、小銭で、5円玉でご参加ください!」と付け加え、「皆様との【ご縁】を大切に、公開まで【5円(ご縁)】を集めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします!」とコメント。

あ

映画『殿、利息でござる!』“銭集め”セレモニー&完成披露試写舞台挨拶より (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

セレモニー後に行われた舞台挨拶では、キャスト陣が全員そろって、”銭色(金)”ネクタイ(竹内さんはゴールドのアクセサリー)を着用して登壇。阿部は、「今日は東京の方々に初めて映画をご覧いただけるとの事で、とても嬉しく、興奮しています!ただ、会場に千葉さんの名前のプラカードを沢山持っている方がいて、なんだか少し緊張してきました(笑)」と挨拶。町一番の(自称)キレ者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや とくへいじ)を演じた瑛太は、「素晴らしい作品ができました。今日はぜひ楽しんでいただき、どんどん周りの方に伝えていってください!」と本作の魅力をアピール。

最後の挨拶として阿部は、「皆の力で1つのことを成し遂げた、というシンプルだけども笑えて感動できる物語です。皆さんの心にどこか通じてもらえる、良い意味で皆さんの想像を裏切ってくれる映画だと思います」と力説。続いて中村監督も、「時代劇です。誰も刀を抜かず、誰がお金を出す、出さないいうだけの話なのですが、それでも本当にカッコいい男たちの、面白い物語ですので、ご期待下さい」と語り、「これだけ伝えたいことがある脚本と出会えて、それをこんなに素晴らしいキャストの方々と映画つくりが出来て、自分にとってこんなにやりたいことができたことはこれまでなかったなと思っています」と本作への思い入れの深さを語って、舞台挨拶を締めくくった。

>『殿、利息でござる!』の記事をもっと読む


映画『殿、利息でござる!』

2016年5月14日(土)大願成就!

原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
出演:阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平 他
監督:中村義洋
制作:松竹、東日本放送
製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
配給:松竹

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中村義洋

生年月日1970年8月25日(48歳)
星座おとめ座
出生地茨城県

中村義洋の関連作品一覧

阿部サダヲ

生年月日1970年4月23日(48歳)
星座おうし座
出生地千葉県

阿部サダヲの関連作品一覧

妻夫木聡

生年月日1980年12月13日(37歳)
星座いて座
出生地福岡県

妻夫木聡の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST