『劇場版MOZU』倉木尚武役・西島秀俊インタビュー

西島秀俊

逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』を原作とするTVドラマの劇場版にしてシリーズ完結編『劇場版MOZU』が待望のDVD化。主人公・倉木尚武役を演じた西島秀俊が、撮影の舞台裏を語る!

羽住監督は限界を超えさせる達人

羽住組のアクションを司るスタッフは、とびきりハイレベルな精鋭チーム。僕の経験上、カースタントの野呂(真治)さん、操演、特殊効果の宇田川(幸夫)さん、特機の実原(康之)さんの3人がそろうと撮影現場はとてつもなく厳しい状況になる。しかも鼻歌を歌いながら車をぶつけるような(笑)、撮影が困難になればなるほど燃える方ばかりです。だから、劇場版ではそんな彼らを本気にさせるアクションを作り、さらにスタッフ全員が約8ヵ月のTVシリーズで培った能力を120%発揮できる現場にすることが目標でした。羽住監督は笑顔でスタッフやキャストの限界を超えさせる達人ですから(笑)。

暑さもさることながら、過酷な撮影場所ばかりだったフィリピンロケはまさに戦場のようで、熱に浮かされている記憶しかありません。とは言え、現地スタッフの力で、予想をはるかに超えるすさまじさのカーチェイスや銃撃戦が生まれ、日本では絶対に撮ることができないアクションシーンが目白押しになったと自負しています。

限界を超えるという意味では、僕たち俳優陣も同じ。我々の精神的支柱でもある香川(照之)さんと、紅一点でも羽住組では決して特別扱いされない真木(よう子)さんが、変わらぬ情熱で現場を引っ張ってくれました。また、悪役が素敵に輝いているのも『MOZU』の魅力の一つです。とりわけカオスの頂点にいる悪の象徴“ダルマ”を演じたビートたけしさんとの共演は、個人的にも感慨深いものがありました。

僕にとって『MOZU』は大きなターニングポイントになった大切な作品。無我夢中で倉木を演じてきたなかで『自分はもっとこうしたい』という欲が湧いてきて『さらに先に行こう』と強く思わせてくれました。今回の劇場版で『MOZU』シリーズはひとまず幕を下ろしますが、僕自身はこれがシリーズの第1話になったとも思っています。ですから、TVシリーズを観ていない方も劇場版を入り口にして『MOZU』シリーズの奥深い世界にハマってもらえたら嬉しいですね。

>『劇場版MOZU』の記事をもっと読む

◆PROFILE

にしじま ひでとし/'71年東京都生まれ。『居酒屋ゆうれい』('94)で映画デビュー。以降、『ニンゲン合格』('99)、『Dolls』('02)、『CUT』('11)、大河ドラマ『八重の桜』('13)、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』('16)など多数の話題作に出演。主演映画『クリーピー 偽りの隣人』が6月18日公開。

『劇場版MOZU』

『劇場版MOZU』

5.11 RENTAL & ON SALE
'15年・日
監督/羽住英一郎
原作/逢坂剛
出演/西島秀俊、香川照之、真木よう子、池松壮亮、伊藤淳史、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己、小日向文世、ビートたけし
【セル】3,800円(税抜)、6,800円(税抜/BOX)、4,800円(税抜/ブルーレイ)、7,800円(税抜/ブルーレイBOX)

⇒作品詳細・レビューを読む

(取材・文:佐々木優/撮影:江藤海彦)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西島秀俊

生年月日1971年3月29日(48歳)
星座おひつじ座
出生地東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST