[Alexandros]川上洋平のTSUTAYAで迷ったらコレを観よ!―スティーヴン・スピルバーグ監督のサスペンス『ブリッジ・オブ・スパイ』

『ブリッジ・オブ・スパイ』

(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TSUTAYA常連の[Alexandros]川上洋平が新作DVDをご紹介! 今月は、スティーヴン・スピルバーグ監督のサスペンスを紹介します。

『ブリッジ・オブ・スパイ』

『ブリッジ・オブ・スパイ』

米ソ冷戦下、米国で逮捕されたソ連スパイの弁護を引き受けた米国人弁護士が、そのスパイとソ連で捕まった米国スパイの交換交渉という大役を命じられる。

5.3 RENTAL
'15年・米
監督・製作/スティーヴン・スピルバーグ
出演/トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン

⇒作品紹介・レビューを見る

アクションでなく交渉術で魅せるスパイ映画

昨年はスパイ映画が豊作でした。『007 スペクター』『コードネーム U.N.C.L.E.』『キングスマン』『ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション』。どの作品も表情は違えど、派手な演出で我々を魅了してくれました。が、「アクション満載のスパイ映画は胃もたれが…」というアナタにお薦めしたい映画です。

アクションでなく交渉術で魅せるこの映画は、スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。監督のシリアスな『シンドラーのリスト』が好きな方は好物だと思います。冷戦時代に米国とソ連の間で起きたスパイの実話を基にした話です。簡単に説明すると、米国でソ連のスパイ、アベル(ライランス)が捕まり、裁判にかけられる。彼の弁護を任されたドノヴァン(ハンクス)が、あれやこれやと奮闘し、死刑を回避。その後、米国のスパイもソ連に捕まってしまい、「じゃあ交換しようぜ!」となって、ドノヴァンが交渉人として活躍するという流れ。保険専門なのにスパイの弁護をやらされたり、周囲から「なんで敵国のスパイの弁護をするんだ! この裏切り者!!」と非難されたり…。ハンクスお得意の「困ったなぁ〜」のあの顔が惜しみなく披露されております。「なんでそこまでして敵国のスパイを弁護するの?」と思いますが、仕事に対する熱意やアベルとの友情を胸に挑むドノヴァンの姿に納得するはずです。

しかしながら注目すべきは、マーク・ライランスの抑えた演技。地味なのに、その粛々たる姿は、この映画の主軸となる“本来のスパイ”を見事に演じ切っておりました。今年の(第88回)アカデミー賞で助演男優賞を獲得したのもうなずけます。

本来スパイというのは“影の立役者”。そして弁護士もまた、誰かを助ける仕事。その二つの本来の姿をうまく引き出している作品です。観終わったあとに、「自分の仕事も何かの役に立っている」と誇りに思えるはず。ぜひご覧ください。

◆PROFILE

[Alexandros]A写
アメリカでライヴでした。
ピザがデカくてうまい!

アメリカでライヴでした。
ピザがデカくてうまい!

[Alexandros]

'01年結成の4人組ロックバンド。メンバーは川上洋平(Vo &G)、磯部寛之(B&Cho)、白井眞輝(G)、庄村聡泰(Dr)。現在までにシングル12枚、アルバム5枚、映像5作品をリリース。

●今後のスケジュール
[ライヴ] ARABAKI ROCK FEST.16
■4月29日 みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
Music / Art / Tokyo
■4月30日 赤坂BLITZ
rockin'on presents JAPAN JAM BEACH 2016
■5月5日 幕張海浜公園JAPAN JAM BEACH特設会場

[レギュラーTV番組]
毎週月曜22:00~ 「Welcome! [Alexandros]」 (SPACE SHOWER TVにて)

[Alexandros] オフィシャルサイト

ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイ

出演者 トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  アラン・アルダ  スコット・シェパード[俳優]  セバスチャン・コッホ  オースティン・ストウェル  ウィル・ロジャース[俳優]  ミハイル・ゴアヴォイ  ドメニク・ランバルドッツィ
監督 スティーブン・スピルバーグ
製作総指揮 アダム・ソムナー  ダニエル・ルピ  ジェフ・スコール  ジョナサン・キング
脚本 マット・シャルマン  イーサン・コーエン  ジョエル・コーエン
音楽 トーマス・ニューマン
概要 米ソ冷戦時代に、民間人でありながらスパイ交換の交渉役を任されたある弁護士の驚愕の実話をスティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫のサスペンス・ドラマ。共演は英国の実力派舞台俳優、マーク・ライランス。米ソ冷戦下の1957年、ニューヨーク。スパイ容疑で逮捕された男の弁護を引き受けることになったジェームズ・ドノヴァン。ソ連のスパイを弁護したことでアメリカ国民の非難を一身に浴びるが、弁護士としての職責をまっとうし、死刑を回避することに成功する。5年後、アメリカの偵察機がソ連領空で撃墜され、アメリカ人パイロットがスパイとして拘束されてしまう。アメリカ政府はパイロットを救い出すためにスパイ交換を計画、その大事な交渉役として一民間人のドノヴァンに白羽の矢を立てるが…。

 作品詳細・レビューを見る 

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST