【TSUTAYA・レンタルDVDランキング】『007 スペクター』と『バクマン。』が1位・2位をキープ!人気作が順当にランクイン

今週の(4月11~17日)レンタルDVDランキングは、先週(4月4~10日)と変わらず『007 スペクター』と『バクマン。』が1位・2位をキープした。『バケモノの子』や『グラスホッパー』『ヒロイン失格』など他上位作品も順当にランクインし、変わらぬ人気の高さを見せている。

『バクマン。』配役“逆”コンビの佐藤健・神木隆之介が挑む青春ストーリー

『バクマン。』DVD

『バクマン。』 (C)2015 映画「バクマン。」製作委員会 (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社

先週に引き続き、第2位を維持した『バクマン。』は、同じ週刊少年ジャンプの漫画を原作とする映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』で刀を交えた佐藤健と神木隆之介が、漫画家コンビとしてジャンプ連載を目指す青春ストーリー。

映画公開当時、配役が「逆ではないか?」と散々ツッコミを入れられた2人が、葛藤する新人漫画家コンビを描く。とくに真城最高役の佐藤が見せるコミカルな演技と漫画執筆に命をかける演技の振り幅に注目だ。また、漫画愛が伝わってくる各所の映像表現も見逃せない。

やっぱり皆大好き? 王道の恐竜映画『ジュラシック・ワールド』

今週、第3位にランクアップした『ジュラシック・ワールド』。

『ジュラシック・パークIII』に続く「ジェラシック・パーク」シリーズの第4作目にあたる本作は、恐竜たちが暮らす夢のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で起きる惨劇を描き出す。興行収入は全世界で16億6591万ドル(約2000億円)、日本国内では92億円以上のメガヒットを記録。2015年の洋画作品別の興行収入ランキングで第1位を獲得している。

なお2018年には続編の公開も予定しており、制作に向けて話が動いている模様。王道の恐竜映画として、まだまだファンを楽しませてくれそうだ。

(文:桜井恒二)

◆『ジュラシック・ワールド』第2弾日本予告

TSUTAYA・ 販売DVDランキング

2016年4月11日(月)~2016年4月17日(日)

今週 (先週)
1 (1)

007 スペクター』 DVD

2 (2)

バクマン。』DVD

3 (3) グラスホッパー』DVD
4 (4)

ジュラシック・ワールド』 DVD

5 (7) バケモノの子』 DVD
6 (5)

サバイバー』 DVD

7 (6) ミケランジェロ・プロジェクト』 DVD
8 (9)

図書館戦争 THE LAST MISSION』 DVD

9 (10) ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』 DVD
10 (12)

トランスポーター イグニション』 DVD

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST