「私のキャリアで最も過酷な撮影となった」―レオナルド・ディカプリオ主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』で隊長役のドーナル・グリーソンが貴重なコメント

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

65年ぶりの快挙となる2年連続のアカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督(脚本・制作)、俳優として5度目のノミネートで悲願のアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオが主演、そして音楽家・坂本龍一の映画音楽が圧巻の映像とストーリーを見事にまとめ上げる『レヴェナント:蘇えりし者』がいよいよ4月22日より公開となる。

本作の舞台は19世紀アメリカの広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(ディカプリオ)は、アンドリュー・ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)率いる狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)の裏切りで置き去りにされてしまうばかりか、愛する息子を殺されてしまう。フィッツジェラルドに復讐を果たすため、“生きる”という意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威なか、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、約120キロの容赦ない旅を生き延びなければならない。

今回、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では冷酷な悪役・ハックス将軍として出演、本作では人情味ある“隊長”と立て続けに話題の大作へ出演が続くドーナル・グリーソン。彼は本作について「撮影を始める前、イニャリトゥ監督は本作を役者にとって大変な経験にしたいと言ったんだ。言葉通り私のキャリアで最も過酷な撮影となった」と撮影を振り返っている。

さらに「劇中で起こることはほぼすべて、極寒の土地で実際に撮影されたものだ。撮影で経験したことをすべて演技に注いだから、本当にその場に居合わせたかのような経験が出来る貴重な映画になっているよ」とその圧倒的クオリティにも自信をのぞかせる。そのコメント通り、本作に関わったほぼ全てのキャスト、スタッフは、監督の“リアリティ”への執拗なまでのこだわりのため、極寒の土地で人生で最も過酷な撮影を乗り越えた。その甲斐あって、鑑賞者を引き込む圧倒的な映像で描かれる作品が誕生したのである。

また、自身が演じたアンドリュー・ヘンリーについては「彼は過酷な状況に立たされたことで、尊敬される人物へと成長を遂げるんだ」とコメント。本作で見せる、ハックス将軍とは異なるキャラクターにも期待したい。

ドーナル・グリーソンは、俳優一家出身の演技派俳優。父親、ブレンダン・グリーソンも『ハリー・ポッター』シリーズへの出演や、日本の小説が原作となったことでも話題を集めた『オール・ユー・ニード・イズ・キル』にも出演。また、彼らの家庭は父親のブレンダンはもちろん、ドーナルを含む息子4人が全員俳優として活躍している。

>『レヴェナント:蘇えりし者​』の記事をもっと読む


映画『レヴェナント:蘇えりし者』
2016年4月22日(金) TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショー

監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス、アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影:エマニュエル・ルベツキ, ASC/AMC
オリジナル・ミュージック:坂本龍一 アルヴァ・ノト
出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラック

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ドーナル・グリーソン

生年月日1983年5月12日(36歳)
星座おうし座
出生地アイルランド・ダブリン

ドーナル・グリーソンの関連作品一覧

レオナルド・ディカプリオ

生年月日1974年11月11日(44歳)
星座さそり座
出生地米・カリフォルニア 

レオナルド・ディカプリオの関連作品一覧

トム・ハーディ

生年月日1977年9月15日(41歳)
星座おとめ座
出生地

トム・ハーディの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST