主演・本田翼×山本美月の映画『少女』にSMAPの稲垣吾郎が出演!

(C)2016「少女」製作委員会

映画『少女』より (C)2016「少女」製作委員会

原作・湊かなえ×主演・本田翼、山本美月×監督:三島有紀子が贈る、この秋最大の話題作『少女』に、SMAPのメンバーである稲垣吾郎の出演が決まった。

本作は、「人が死ぬ瞬間を見たい」という願望にとらわれた少女2人の衝撃的な夏休みを描く長編ミステリーを描く作品。物語を担う2人の少女を演じるのは、『アオハライド』など話題作に次々と出演し、幅広い世代から人気を集める本田翼と、主演作『貞子VS伽椰子』『ピーチガール』等が控え、多方面での活躍が目覚ましい山本美月。モントリオール映画祭特別招待作品『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』など、女性の心の機微を描くことに高い評価を得ている監督・三島有紀子がメガホンを取る。

これまで『告白』『夜行観覧車』を見ており、湊を「凄く尊敬する作家のお1人」と語る稲垣だが、原作作品への出演は初。更には、主演の本田、山本とは初共演、三島監督とも初のタッグを組む。稲垣が演じるのは、山本が演じる敦子が、夏休みにボランティア活動をする老人ホームのスタッフ・高雄孝夫(たかおたかお)だ。

孝夫は苗字と名前が同じ響きという変わったキャラクターで、口数が少ない。孝夫は敦子と共に働くことになるが、他のスタッフと比べても不自然なほどに距離を置きたがる。実は彼、女子高生との間に起こった【ある事件】が原因で、家族と離れて暮らすことを余儀なくされた過去を持っているのだ。劇中では、バラバラに動いていたはずの物語が一つにまとまる瞬間を演出するキーパーソンでもあるとのこと。

果たして、稲垣が本田や山本とどんな共演を見せることになるのか?稲垣自身は、「まだ作品は完成していませんが、この映画は見る側が<考える>ことが出来る作品だと思います。<こうだ>という説明的な物ではなく、見た人が自由な感性で受け止めることが出来るということは、映画にとって、とても大事なことだと思います。主人公たちと同世代の方も、僕らの世代の人にも楽しんでいただけると思います」と自信をのぞかせている。


映画『少女』

10月8日(土)全国ロードショー

原作:湊かなえ『少女』(双葉文庫)
監督:三島有紀子(『ぶどうのなみだ』『繕い裁つ人』)
主演:本田翼、山本美月、真剣佑 / 稲垣吾郎
配給・宣伝:東映

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

三島有紀子

生年月日1969年4月22日(50歳)
星座おうし座
出生地大阪府北新地

三島有紀子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST