映画『10 クローバーフィールド・レーン』より、衝撃の日本版オリジナル特報&ポスタービジュアルが到着!

 

映画『10 クローバーフィールド・レーン』のポスタービジュアル (C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したJ.J.エイブラムスが製作を担当した映画『10 クローバーフィールド・レーン』から、衝撃の日本版オリジナル特報&ポスタービジュアルが到着した。

本作は、多くの謎に包まれながらも3月11日(現地時間)に北米3,391館で公開され、公開3日間(3月11日~13日)で、興行収入24,702,752ドルを記録(Box Office Mojo調べ)。海外メディアからは、「息もつかせぬ展開の連続に、あなたは手に汗を握りつづけるだろう」(ROLLING STONE)、「アドレナリン大放出!」(THE HOLLYWOOD REPORTER)、「もう一度観たくてたまらない!」(ACCESS HOLLYWOOD)など絶賛の声が相次ぎ、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesでは、90%以上という高得点を獲得している。

解禁された特報は、突然の衝突事故に見舞われたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が目を覚ますシーンから幕を開ける。すると、見知らぬ男ハワード(ジョン・グッドマン)が、「襲撃された。人類は滅亡した」と話す。どうやらここは、その男のシェルターらしい。突然の揺れ、激しく怒り出す男…。シェルターから脱出したミシェルだったが、不気味な光を灯した正体不明の“奴ら“が突如現れる。果たして、“奴ら”は一体何者なのか?ミシェルは無事生き逃れることができるのか?短い映像ながらも、少しだけ映し出される “奴ら“ の姿に震えずにはいられない特報は必見。一方のポスタービジュアルには、巨大なマシーンのような風貌の“奴ら”から必死で逃げようとしている様子のミシェルの姿が捉えられており、劇中の緊迫感がひしひしと伝わて来る。


映画『10 クローバーフィールド・レーン』

6月​17日(金)全国公開!!

製作: J.J.エイブラムス
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15) 監督・脚本・製作、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15) 製作、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(13) 監督・製作、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11) 原案・製作、『SUPER 8/スーパーエイト』(11) 監督・脚本・製作 、『スター・トレック』(09) 監督、『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) 製作
監督: ダン・トラクテンバーグ 長編映画初監督作品
出演: メアリー・エリザベス・ウィンステッド 『ダイ・ハード4.0』(07)『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(13) 『リンカーン/秘密の書』(12)
ジョン・グッドマン 『トランスフォーマー/ロストエイジ』『アルゴ』
ジョン・ギャラガー Jr. 『ショート・ターム』『人生万歳!』

■全米公開: 3月11日 ■コピーライト:(C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
■公式サイト: http://10cloverfieldlane.jp/

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST