ムロツヨシ、森田剛に「俺は誰でもよかったですよ(笑)」と笑われる―映画『ヒメアノ~ル』ジャパンプレミア

ムロツヨシと濱田岳

ムロツヨシと濱田岳

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実のベストセラーコミック「ヒメアノ~ル」が、森田剛を主演に迎えて完全映画化。本作の公開(5月28日)を前に、主演の森田ほか、共演の濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシと監督の吉田恵輔が登壇してジャパンプレミアが開催された。

「古谷先生は僕らのカリスマだし、作品はバイブル」と話す吉田監督は「(古谷作品を撮ることを)ずっと狙っていた。この作品は日常と非日常が隣り合わせ。とてもリアル」と自身の念願も叶ったことを明かした。

役者陣は「ハードなシーンがたくさんあって、どう撮るのかなと思っていた。興味が湧いたし、このタイミングだったから出来た役」(森田)、「今の世の中で、本気でこの作品を映像にしたいと思っている大人たちがいるので、それに乗りたいと思った。嬉しかったし、チャレンジ」(濱田)、「どう考えても絶対面白い作品ができるだろうと思ったし、みんなで一生懸命作っていく現場に参加できたことが嬉しかった。自分にとっても挑戦になる役だった」(佐津川)とそれぞれ作品に対しての印象を語った。

  • 客席からは「可愛い~♪」と声が上がっていた濱田岳
    客席からは「カワイイ~♪」と声が上がっていた濱田岳
  • 佐津川愛美も「カワイイ!!」と歓声が
    佐津川愛美も「カワイイ!!」と歓声が
  • やっぱり笑いは自分で起こしたいムロツヨシ
    やっぱり笑いは自分で起こしたいムロツヨシ
  • ムロさんと同い年の吉田恵輔監督
    ムロさんと同い年の吉田恵輔監督
  • 客席からは「可愛い~♪」と声が上がっていた濱田岳
  • 佐津川愛美
  • ムロツヨシ
  • 吉田恵輔監督

そんな中でムロは「配役が決まっていて台本が来た。自分の役は森田と濱田がどうしても(ムロさんで)と言っていたが本当か?」と個人的な真相確認を始めるも「俺は誰でもよかったですよ(笑)」と森田に笑われ、さらに濱田には「よくやるさ、大人の嘘ってやつじゃないですか?」と突っ込まれ意気消沈、会場の笑いを誘っていた。

また、MCから「原作を超える強烈なキャラクターがいたらしいですね?」と聞かれるとムロが「本当に原作のまんまの人が来て、一言喋ったら原作超えたんですよ」とその存在感を悔しがり、濱田も「ビックリしちゃったよ」と現場を思い出して相槌を打つ場面も。

隙あらばすぐ突っ込みたくて仕方のないムロさん

隙あらばすぐ突っ込みたくて仕方のないムロさん

日本での初お披露目の前に、監督と森田はイタリアのウディネ映画祭で本作の好感触ぶりを実感していた。森田が「すごかったですね。むちゃくちゃ盛り上がった。とにかく笑いが多い。予想外のところでも笑いが起きて」と話せば、吉田監督は映画祭で見せた森田の姿に萌えたんだとか「イタリアに行った時、映画祭の物販コーナーでマグカップとか買ってて。そういうところがあるんだなと。萌えっとしました」。

その話を聞いていたムロは「本当に行きたかった。すごく悔しい思いをしましたね(笑)。現地にいた大根監督が『ヒメアノ~ル』受けてたよってメールくれまして。どれだけ受けてたんだと」とアピールして再び笑いを持っていく。

最後はキャノン砲でド派手に。舞い散ったトカゲはイベント後ファンが拾いに殺到した

最後はキャノン砲でド派手に。舞い散ったトカゲはイベント後ファンが拾いに殺到した

本日の舞台挨拶では、狂気と笑いの二面性ある世界観を象徴するブラック×ピンクのツートンカーペットの舞台上から「ヒメアノ~ル」の意味(猛禽類のエサとなる小型のトカゲ)にちなんだ“トカゲ”シャワーをキャノン砲で客席に降らせる演出もあり、最後には森田が「是非楽しんでください。あまり内容のことは言えませんが、自信を持って観てもらえる。覚悟して観てください」と挨拶し、イベントを締めくくった。

佐津川愛美と吉田恵輔監督

佐津川愛美と吉田恵輔監督


映画『ヒメアノ~ル』
5月28日、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

【作品概要】
めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。
「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが…。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する――。

出演/森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載)
音楽:野村卓史
監督・脚本:吉田恵輔
製作:日活 ハピネット ジェイ・ストーム
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

森田剛

生年月日1979年2月20日(39歳)
星座うお座
出生地埼玉県

森田剛の関連作品一覧

濱田岳

生年月日1988年6月28日(30歳)
星座かに座
出生地東京都

濱田岳の関連作品一覧

佐津川愛美

生年月日1988年8月20日(30歳)
星座しし座
出生地静岡県静岡市葵区

佐津川愛美の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST