岡田将生、生田斗真の振りに「ゆとりですがなにか」―映画『秘密 THE TOP SECRET』完成報告会見

 

映画『秘密 THE TOP SECRET』完成報告会見より

11日、都内で映画『秘密 THE TOP SECRET』の完成報告会見が開かれ、本作に出演している俳優の岡田将生が、共演した生田斗真、松坂桃李、栗山千明、大森南朋、そしてメガホンを取った大友啓史監督と共に登壇した。

本作は、白泉社『メロディ』で連載されたミステリー漫画の実写映画化作品。死んだ人間の脳から<過去の記憶を映像化>できるMRIスキャナーを事件の捜査に導入した、科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」(だいく)の活躍を描くクライム・サスペンスだ。

 

映画『秘密 THE TOP SECRET』完成報告会見より

主人公で第九の室長・薪剛を演じた生田は、「(薪は)かなり多くのトラウマと闇を抱えて、立っているのが精一杯、生きているのが精いっぱいというギリギリのところで存在している役でした。撮影期間中も、どこかストレスを感じながらというか、辛さを感じながら日々過ごしていたような気がします」と撮影を振り返った。岡田や松坂との共演については、「勢いのある、ゆとり世代の俳優さんたちと共演できて、すごくうれしかったし、楽しかったです(笑)」とコメント。これを受けて岡田は、出演中のドラマにかけて「ゆとりですがなにか」と答えて会場を爆笑させた。

第九の新人捜査官・青木を演じた岡田は、今までにない役柄に苦労したそう。役作りについては、「いろいろ考えたんですけど、大友監督に『難しいことを考えず、自分の中に大きい幹を作れ』と言われ、撮影に入る前から、この作品のことしか考えていなかったというか。この役と一緒に大きくなろうという意味で、毎日過ごしていました」と語った。

 

映画『秘密 THE TOP SECRET』完成報告会見より

本作は、物語の核となる‘脳内映像’を描き出すため、俳優陣がヘルメット型のカメラを装着したまま芝居をしたことも話題を呼んでいる。脳内映像の担当としてエンドクレジットにも名前があったことに驚きと興奮を覚えたという岡田は、「カメラマンとして、少しずつ成長していきましたね。なんか、上手くなってきているなという気持ちと、スタッフさんにも『上手いね』と褒められまして」とコメント。一方、劇中で薪と共に第九を立ち上げた捜査官の鈴木克洋に扮した松坂は、「僕は『上手いね』とは言われなかったんですけど…」と寂しそうに明かして笑いを誘った。

最後には大友監督と生田が一同を代表して、「いろいろな意味で話題になる、自分で言うのもなんですけれども、衝撃作。現代社会とクロスオーバーして見ていただける部分も多いと思います」(大友監督)、「日本映画を次のレベルへ持っていく、少しの要因になれればなと思います。豪華なキャストの中で生まれた衝撃作です」(生田)と本作の魅力をアピールし、記者会見は幕を閉じた。

(取材・文:岸豊)


映画『秘密 THE TOP SECRET』

2016年8月全国公開

監督:大友啓史
原作:清水玲子『秘密THE TOP SECRET』(白泉社刊・メロディ連載)
脚本:高橋泉 大友啓史/LEE SORK JUN KIM SUN MEE
音楽:佐藤直紀
出演:生田斗真、岡田将生 ほか
企画・配給:松竹
(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

生田斗真

生年月日1984年10月7日(34歳)
星座てんびん座
出生地北海道

生田斗真の関連作品一覧

松坂桃李

生年月日1988年10月17日(30歳)
星座てんびん座
出生地神奈川県茅ヶ崎市

松坂桃李の関連作品一覧

岡田将生

生年月日1989年8月15日(30歳)
星座しし座
出生地東京都

岡田将生の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST