斎藤工、藤山直美に「打楽器を忘れた南米のミュージシャン」とイジられる―映画『団地』完成披露会見

(左から)斎藤工、岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司、阪本順治監督

(左から)斎藤工、岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司、阪本順治監督

監督:阪本順治×主演:藤山直美―実在した女性逃亡犯の内面を圧倒的リアリティーで再現した『顔』から16年。再びこの2人がタッグを組んだ最新作『団地』が、いよいよ6月4日(土)より全国公開となる。

本作の公開に先駆け、キャスト・監督による完成報告会見を実施。主演の藤山直美ほか岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工、そして監督の阪本順治が登壇した。

まず阪本監督は「今日からネタバレしていくんでしょうけど、そういう奇天烈な発想もすべて、藤山さんでもう一度映画をとるという時に、彼女をどこまで連れて行こうかという発想から生まれたものです」と挨拶。さらに「高層団地ではなく、昭和の団地に興味があった。自分が好んで撮ってきた“下町”という思いがあった」と舞台となる団地についての思いも語った。

阪本順治監督

阪本順治監督

いい意味で驚かされる本作だが、台本を読んだ時のキャスト陣の反応は藤山いわく「いいお医者さんを紹介したいなと。この人大丈夫かなと(笑)。もちろん、チャーミングな意味ですけどね」と笑い飛ばし、大楠も「監督頭おかしくなったと思って岸部さんにすぐ電話した」と語って笑いを誘った。

岸部一徳と藤山直美

岸部一徳と藤山直美

さらに完成した作品について藤山は「受け取り方は皆さんそれぞれだと思う。人間模様がちゃんと書かれているので、変な意味で置き去りにされない」と述べ、夫役を演じた岸部も「笑ったり驚いたりありながら、最後は良かったなという感じですね」と完成度に納得の様子。一方石橋は「ひとつひとつの場面が自分のことに置き換えられるなと」とその身近さを実感。

斎藤工

斎藤工

世代も違い、かつこの映画に異質感として登場する斎藤は「僕自身特殊な役ですが、それが強みでもある」と言いながらも、今日楽屋で久しぶりに再会した藤山に「打楽器を忘れた南米のミュージシャンみたいやねって」といじられたことも嬉しそうにコメントした。そして現場について「皆さんは心配したと言っていたけど、現場では根のところを理解し合っている人たちの空間だった」と阪本組の充実感を改めて振り返った。

大楠道代

大楠道代

現場での藤山と岸部の関係を「ごはんを食べるタイミングがぴったり。打ち合わせしたように。長年の夫婦のような雰囲気。普通の夫婦以上のもの」と大楠が話すと、夫役の石橋も「初号試写を観た後、一徳に、藤山さんに『素晴らしい夫婦だった』と伝えてくれと言った」と2人の空気感を絶賛。「演じている以上の何かがあって、素晴らしかった」と続けた。

石橋蓮司

石橋蓮司

阪本は16年ぶりに組んだ藤山に「ちゃんとわきまえた距離で仕事ができてたことは大きかった」とコメントした。キャスト陣はこの後の舞台挨拶で観客の前に登場する。


映画『団地』
6月4日(土)有楽町スバル座、新宿シネマカリテ他全国公開

脚本・監督:阪本順治
出演:藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司/斎藤工、冨浦智嗣/竹内都子、濱田マリ、原田麻由、滝裕可里/宅間孝行、小笠原弘晃/三浦誠己、麿赤兒
製作・配給:キノフィルムズ
2016年/日本/カラー/103分/ビスタサイズ/5.1ch

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤山直美

生年月日1958年12月28日(60歳)
星座やぎ座
出生地大阪府大阪市

藤山直美の関連作品一覧

阪本順治

生年月日1958年10月1日(61歳)
星座てんびん座
出生地大阪府

阪本順治の関連作品一覧

大楠道代

生年月日1946年2月27日(73歳)
星座うお座
出生地中国・天津市

大楠道代の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST