藤山直美「この斎藤工(さいとう え)って誰ですか?」―映画『団地』完成披露試写会

(左から)阪本順治監督、岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工

(左から)阪本順治監督、岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工

26日夕方、阪本順治監督最新作となる映画『団地』の完成披露会見が行われた後、引き続き主演の藤山直美ほか岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司、斎藤工、そして監督の阪本順治が今度は映画を観終わったばかりの観客の前に登場した。

本作は、阪本順治監督と主演の藤山直美がタッグを組んで、実在した女性逃亡犯の内面を圧倒的リアリティーで再現した『顔』から16年ぶりとなる再タッグ作品。阪本監督は「いろいろ隠しながら宣伝してきましたが、やっとネタバレできる」とある意味安堵の表情を見せたかと思えば、「この後斎藤くんが面白いこと言ってくれるんで」と発言して会場を笑わせ、反対側の端(オチ担当)に立つ齋藤に早速フリを。

仲の良さが全面に

仲の良さが全面に

続く藤山も「この不思議な映画を見てくれてありがとうございます」と挨拶し、やはり「後の楽しい笑いは斎藤さんお願いします」とさらにパス。岸辺は劇中の役柄のまんま傘をさしてきた斎藤にツッコみ、煽りは万全。そして斎藤は「ごぶがりです」と役柄のセリフで挨拶し、拍手喝采を浴びた。また「自分の役柄をどう伝えていいかわかりませんでしたが(ネタバレできるので)みなさんは味方です」とやはり全て知った上で話せることの安堵感を言葉にした。

イジられ担当の斎藤

イジられ担当の斎藤

劇中の藤山と岸部の仲の良さから、40年前の初対面の感想を聞かれると「私はジュリーのファンでしたから。だからサリーやと思って(笑)」と藤山のまさかの告白に会場爆笑。それを受けた岸辺が「写真とか雑誌とか、タイガースは5人グループでしたが、(藤山さんは、ジュリー以外の)4人を切り捨てていたんですよ」と暴露してさらに笑いを煽っていく。

もう一方の夫婦役である大楠と石橋。石橋は「あの団地の中では(大楠が)美形すぎるんで、もしかしたら訳ありの女じゃないか? と自分で設定を作っていた」と、一方の大楠は「初日に監督から清純派でやってくれと言われて。そんなことはデビュー以来久しぶりだったんでちょっと戸惑いました」と本音をポロリ。

ジュリーファンを公言した藤山

ジュリーファンを公言した藤山

現場の雰囲気はとても良かったというが、阪本監督曰く「控室から聞こえる笑い声とか、だいたいすべて、斎藤君がイジられてますね」と切り出すと、当の斎藤はそれを喜んでいた。「抱かれたい男ランキングの件とかイジっていただいたり。そういう称号はギャグにしてもらわないと僕もやるせなかったので。藤山さんは出会ってすぐそこを言ってくれて」

ところがその藤山は監督に台本を見て「この斎藤工(さいとう え)って誰ですか?」と聞いていたことを明かしたり、阪本監督に「抱かれたい男だと知ったもんだから…」と振られると「ナンバーワンやって。ホンマ??(笑)と思って。大阪のおばちゃんですから。触っとこ!って。アメ食べるか?とか」と関西ノリ全開で会場は沸きっぱなし。

岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司

岸部一徳、藤山直美、大楠道代、石橋蓮司

藤山は最後に「今日はありがとうございました。斎藤さんは元気です」と最後まで冗談を入れつつ、「みんなで頑張った映画なので、面白かったらまた来てくれると嬉しい」とコメント。また、フォトセッション時には阪本監督が「再度ご注意がありまして…カメラ・携帯電話での撮影は固くお断りしません!」とファンサービスを見せる一幕もあり、ファンにとってはまたとないイベントとなった。


映画『団地』
6月4日(土)有楽町スバル座、新宿シネマカリテ他全国公開

脚本・監督:阪本順治
出演:藤山直美、岸部一徳、大楠道代、石橋蓮司/斎藤工、冨浦智嗣/竹内都子、濱田マリ、原田麻由、滝裕可里/宅間孝行、小笠原弘晃/三浦誠己、麿赤兒
製作・配給:キノフィルムズ
2016年/日本/カラー/103分/ビスタサイズ/5.1ch

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

阪本順治

生年月日1958年10月1日(61歳)
星座てんびん座
出生地大阪府

阪本順治の関連作品一覧

藤山直美

生年月日1958年12月28日(60歳)
星座やぎ座
出生地大阪府大阪市

藤山直美の関連作品一覧

大楠道代

生年月日1946年2月27日(73歳)
星座うお座
出生地中国・天津市

大楠道代の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST