松平健、神になる! 映画『X-MEN:アポカリプス』で洋画声優初挑戦

松平健、神に/(c) 2016 MARVEL (c) 2016 Twentieth Century Fox

松平健、神に/(c) 2016 MARVEL (c) 2016 Twentieth Century Fox

世界的ヒットを続けてきた「X-MEN」シリーズの最新作は、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』のストーリーを締めくくる集大成! 本年度のアカデミー賞主演女優賞/主演男優賞にノミネートされた、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスや、マグニートー役のマイケル・ファスベンダーら豪華出演陣も今回が見納めだ。メガホンを取るのはシリーズ産みの親、ブライアン・シンガー監督。

そしてこのたび、本作でX-MENたちの前に立ちはだかる史上最強の敵、“神”アポカリプスの日本語版吹き替え声優を、俳優の松平健が務めることが決定した。松平が洋画の吹替え声優にチャレンジするのは、今回が初となる。

アポカリプスは文明の登場以前から、ミュータントの力を使い“神”として世界を支配してきたキャラクター。人間の文明が堕落したときにはそれを浄化し、新しい文明を築いてきた。そのアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚まし、現在の文明が間違った方向に発展したと考え、新たな秩序をもたらそうと世界の破滅を目論む。

松平は「何しろ初挑戦なので、全力で努めたい。大いに暴れたい」と意気込みを語っている。


映画『X-MEN:アポカリプス』
8月11日(木・祝) TOHOシネマズ スカラ座他3D/2D全国ロードショー

監督:ブライアン・シンガー
出演:ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック
配給:20世紀フォックス映画

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松平健

生年月日1953年11月28日(65歳)
星座いて座
出生地愛知県豊橋市

松平健の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST