菊川玲二が地獄に落ちたら…? クドカン新作と漫画「土竜の唄」との奇跡のコラボが実現!!

(C)高橋のぼる/小学館

(C)高橋のぼる/小学館

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ~菊川玲二編~」??

『謝罪の王様』「あまちゃん」「ゆとりですがなにか」の脚本家にして、日本のエンタテインメント界を牽引する宮藤官九郎が、長瀬智也・神木隆之介を迎えて贈る待望の監督最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が6月25日より全国公開。映画公開を記念し、ビッグコミックスピリッツで大人気連載中の漫画「土竜の唄」との奇跡のコラボが実現した。

これは、映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の脚本を宮藤が手掛けていることもあり、「土竜の唄」原作者の高橋のぼる氏が、もしも「土竜の唄」の主人公・菊川玲二が「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の地獄の世界に落ちたらどうなるのか!? 発想から26ページにわたる特別読切マンガ「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ~菊川玲二編~」を執筆。まったく違う2作品の世界観が見事に融合した奇跡のコラボ漫画が誕生した。

(C)高橋のぼる/小学館

(C)高橋のぼる/小学館

コラボ漫画では、長瀬智也演じる映画の主人公・キラーK(長瀬智也)をはじめ、映画のキャラクターたちが勢揃いする。漫画を読んだ主演の長瀬は、「コラボ漫画を見させて頂き、もの凄い臨場感で、映画にはない、漫画でしか表現出来ないものもあり、嫉妬すら覚えました。キャラクターの顔も似ていて雰囲気までそっくりで驚きです。最後まで釘付けでした。そしてもっと見たくなっている自分がいます」と絶賛のコメントを寄せている。

この特別読切は、6月20日(月)発売のビッグコミックスピリッツ30号に掲載されるだけでなく、6月30日頃発売の「土竜の唄」49巻に緊急収録されることも決定した。

>宮藤官九郎、新作映画は「禁じ手」にしていた“舞台演出”


映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』
6月25日(土)全国ロードショー

監督・脚本:宮藤官九郎
出演:長瀬智也 神木隆之介 /尾野真千子 森川葵/桐谷健太 清野菜名 古舘寛治 皆川猿時 シシド・カフカ 清/古田新太/宮沢りえ
製作:アスミック・エース 東宝 ジェイ・ストーム パルコ アミューズ 大人計画 KDDI GYAO
制作プロダクション:アスミック・エース
配給:東宝=アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮藤官九郎

生年月日1970年7月19日(49歳)
星座かに座
出生地宮城県

宮藤官九郎の関連作品一覧

長瀬智也

生年月日1978年11月7日(40歳)
星座さそり座
出生地神奈川県

長瀬智也の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST