映画『クリーピー 偽りの隣人』藤野涼子インタビュー「その勝負は、人生の中で一回しかないもの」

藤野涼子

藤野涼子

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」

映画のキャッチコピーにもなっているこの台詞を口にするのは彼女である。『クリーピー 偽りの隣人』のキーパーソン、澪を演じる藤野涼子は、昨年『ソロモンの偽証』二部作でいきなり主演デビューした大型新人。底知れぬキャラクターを、底知れぬ演技表現で体現した10代の女優に訊いた。

「『ソロモンの偽証』ではたくさん発言する優等生の役だったんですが、澪は内に内に込めたものがありました。あまり感情を表に出さないし、台詞も少ないです。『ソロモン』のときは、台詞から感情を読み取らないといけないと教わったのですが、今回はヒントが何もなく最初台本を読んだときは、澪という役の心情がよくわからないなと思いました。サスペンス・スリラーというものは結果(オチ)がわかっちゃいけない。それを出さないようにする工夫も必要でした。女優というのは、いろいろな場合に対して、心情以外の客観的な部分で工夫しないといけないところもあるんだなということが勉強になりました」

(C)2016「クリーピー」製作委員会

(C)2016「クリーピー」製作委員会

ある夫婦が、奇妙な隣人に、運命を変えられていく。思ってもいなかった方向に。澪は、その隣人の「娘」である。だが、上記の発言がある。さらに、最初、被害者に思えた彼女は、どうもそれだけではないような存在に思えてくる。囚われの身でありながら、ある意味「支配者」のようにも映る彼女。澪はいったい何者なのか。この「沼」は深い。

「あまり考えすぎると、演技ができなくなってしまうので、(何かを)考えながら演じるということはありませんでした。澪は日常生活を普通に過ごしていて、学校にも行っているんですけど、あの『お父さん』に心をつかまれているので、逃げ出せない。では、その心はどうやってつかまれていたのか。そこを辿るのはかなり難しいなと思いました。でも、いちばん澪に近づけたなというシーンがあるんです。それは初めての暴力シーンでした。リハーサルでは手加減していただいたんですが、本番では本当に苦しくて。そこで『お父さん』への実際の恐怖心が出来上がったんです。実際に体験しないとわからないこともあるんだと思いました」

(C)2016「クリーピー」製作委員会

(C)2016「クリーピー」製作委員会

心をつかまれる。それは、どういうことなのだろうか。

「去年の夏休みに撮影したのですが、部活に顔を出さなきゃいけないときもありました。それで澪という役が自分から外れてしまう、自分そのものに戻ってしまうということもあって大変でした。心をつかまれる……その部分はかなり無意識にやっていました。(何らかの)下積みがあったからこそ、『お父さん』に心をつかまれたのかなと。私自身にとっては、演じる香川(照之)さんとのお芝居の積み重ねがあったからだと思います。(演技は)自分だけでやってるわけじゃないんだと今回あらためて思いました。香川さんからはアドバイスもいただいていて『暴力シーンで手加減はしない』と。終わった後に『女性であっても手加減してはいけない。手加減することで、演技の質が落ちてしまったらいけない。相手と自分の間に起こる衝撃が弱まってしまったら、お客さんとしても楽しみが減ってしまう。リハーサルでも、本番でも、全力でやりなさい』と言われて本当にその通りだなと思いました」

デビュー作とはまるで違う演技体験になったようだ。

「『ソロモンの偽証』のときは、完璧に(役の)心情がわかってないとダメという感じだったんですけど、黒沢監督は(演技のテイクを)何回もやらない方だったんです。私が考えて出したものに対して、(その場で)いいか、悪いか、それだけなので、これでいいのかな? と不安になったときもありました。そこは一回の勝負しかない。一生の中で一回しかないから、リハーサルでも全力でやらないといけないんだと思いました」

(C)2016「クリーピー」製作委員会

(C)2016「クリーピー」製作委員会

竹内結子との共演も得るものが大きかった。

「竹内さんと接していて、すごく面白かったんです。現場を、ピリピリした状態から、和やかな状態にする。それも、女優の方や俳優の方の仕事かもしれないなと今回思いました。私自身、オンオフの切り替えはあまり上手くないと思っているので、これから生活していく中でも、この仕事をしていくことと、学生として生きていくこととの切り替えが素早くできたらいいなと思っています」

まるで違うように映る『ソロモンの偽証』の彼女と、『クリーピー 偽りの隣人』の彼女。だが、響き合っているものがある。

「『ソロモンの偽証』も芯の強い子だったんですけど、今回も別の意味で芯が強いなと思います。外部から相当の刺激を受けもう身体とかもボロボロになっているのにもかかわらず、芯はちゃんとしている子だなと。監督はあるシーンで『希望と絶望』とおっしゃいました。その対比のためにも、芯はちゃんと持っていなければいけなかったんです。ボロボロになっても走っていく勇気が必要だったと思いました」

(C)2016「クリーピー」製作委員会

(C)2016「クリーピー」製作委員会

藤野涼子もまた、ボロボロになっても走っていく。

「(心は)折れやすいほうだと思います(笑)。でも、頑張ろうという意志は誰にも負けないという気持ちでやっていきたいです。芯が強いかどうかはわからないですが、何回転んだとしても立ち上がる勇気は持っていたいなと思っています。澪はかなりシビアな役だったので、途中で逃げ出したいなと思うときもありました。でも、周りの方に支えていただいてるから、自分も頑張らないといけない、自分だけが辛いんじゃないんだって実感しました。勉強イヤだなと思う時も他の人も(そんな中)勉強頑張ってるかもしれない、自分も頑張らないといけないと(何事も)ポジティヴにやっていきたいと思っています」

(取材・文:相田冬二)

ヘアメイク:宇佐美浩子/スタイリスト:宮本茉莉(STAN-S)
ワンピース/ Tシャツ /シューズ ともにAbel(アベル)

Le abel
〒151-0065東京都渋谷区大山町6-4 #Broom
TEL03-6407-0414 FAX03-6407-0415


映画『クリーピー 偽りの隣人』
公開情報:6月18日(土)全国ロードショー

出演:西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之
監督:黒沢清
原作:「クリーピー」前川裕(光文社文庫刊)
脚本:黒沢清、池田千尋
音楽:羽深由理
製作:「クリーピー」製作委員会
制作:松竹撮影所
配給:松竹、アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

竹内結子

生年月日1980年4月1日(39歳)
星座おひつじ座
出生地埼玉県

竹内結子の関連作品一覧

西島秀俊

生年月日1971年3月29日(48歳)
星座おひつじ座
出生地東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

香川照之

生年月日1965年12月7日(53歳)
星座いて座
出生地東京都

香川照之の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST